« There's a place out of the sun. | Main | ハイコントラストで見る風景 »

ペンタックスK-7を買ってしばらくして
とある知人からいただいた、smc PENTAX-A 50mm F2。

これで単焦点・マニュアルフォーカスの楽しさに目覚めた。

機械を操っている(ような)感覚、明るい画、ボケの描写。

ヘリコイドを微調整してピントを合わせる。
ただそれだけの違いで、写真を「撮っている」気分になれる。

でも姪っ子の運動会ではピンがボケまくって全く使い物にならなかったので
やっぱり便利なAFレンズもほしいところ。

次に買うレンズは「smc PENTAX DA 35mm F2.8 Macro Limited」あたりにしようか
あるいは結局カール・ツァイスの35mmに行ってしまうか悩み中。

Background music:
ERIC DOLPHY | Eric Dolphy At The Five Spot, Vol.2

09121102

 

09121104

 

09121103

 

09121101   

PENTAX K-7 | smc PENTAX-A 50mm F2

|

« There's a place out of the sun. | Main | ハイコントラストで見る風景 »

Comments

K20D使いの初心者です。はじめまして。
手元にPENTAX-M 50/1.4があり、使っていますが、どうもPlanar1.4/50が気になって仕方ありません。
Pentax-A 50/2を使われているようなので、2つのレンズのフィーリングの違いなんか教えて頂けるととてもうれしいです。
よろしくお願いします。

Posted by: まる | April 05, 2010 at 10:03

はじめまして。
(と言っても先ほど別にいただいたコメントに返信させていただきました^^)
僕もK-7使いの初心者なので、適切なご回答ができるかわかりませんが。。

フィーリングを「使用感」と「写り」とで表すとして、個人的な所感(多分に主観を含みますが)は・・・

使用感:
ピントリングを回す感覚(適度な重みと微調整のしやすさ)で、圧倒的にPLANARが上回ります。
A 50mmもピントの合わせやすさは問題ないのですが、回転が軽すぎて2~3往復してピントを合わせる感じになってしまいます。(不器用なだけでしょうか?)
ピント合わせのスピード感を重視するなら、Aレンズの方が良いのかもしれません。

写り:
好みの問題もありますので一概に言えませんが、個人的にはPLANARの方が好きです。
PLANARで撮った方がしっとりと落ち着いた画になりますし、陰影が良い感じに出ます。立体感が際立つというか。。
でもAレンズの方が色がよく出て明るい仕上がりになるような気もしますので、こればっかりは好みだと思います。

その他:
物としての質感は金属製のPLANARが圧勝です。
価値観としてどこに重きを置くかにもよりますが、僕の場合は「モノとして愛せるかどうか」が重要な判断基準です。
「その気にさせる」「長く使いたいと思える」レンズという意味で、PLANARの方がコストパフォーマンスが高いと思います。実際Aレンズは滅多に使うことがありません。


結局色味やコントラストなんて、設定でどうにかなると思いますので、単純に欲しいかどうかのご判断になろうかと思います。
「どうも気になる」ようでしたら、ポチってしまわれても決して後悔はないと思います^^
PLANARは、たまにハッとするような写りをすることがあります。空気感の表現はPLANARが上だと思います。

以上長々と失礼いたしました。素人の一意見として流し読みしていただければ幸いです^^

Posted by: かわたつ | April 06, 2010 at 00:10

大変詳しいご説明、ありがとうございます。
色ノリのいい点、モノとして所有が楽しい点はかなり惹かれます。
と、言っているうちに、voigtlander Nokton58も気になりだし。。。

済みません、しばらくグダグダ考えてしまいそうです。レンズ沼ならぬレンズ悩み沼にはまってしまった^^

Posted by: まる | April 06, 2010 at 02:10

あはは^^ レンズ悩み沼ですか^^
でもあれこれ悩む時間が一番楽しかったりしますよね。
NOKTON58は評判もよさそうですし、PLANARよりもピントの山がはっきりして掴みやすいとの評も多いので、58mmでもOKでしたら良いチョイスではないでしょうか。
モノとしての作りなら、僕もCOLOR SKOPARの20mmを持ってますので実感していますが、ピントリングがゴム製である以外は、PLANARなんかのZEISSレンズと同等の、金属製のしっかりした造りですので、愛すべき一品になると思います。
(デジ一眼ではありませんが、NOKTON 50mmの「F1.1」ってどんな世界なのかも、とても気になっています。1.4でも十分なんですけどね。)
それでは、しばらくレンズ悩み沼をお楽しみください^^(ちょっと羨ましかったりして。)

Posted by: かわたつ | April 06, 2010 at 23:27

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549872/46998031

Listed below are links to weblogs that reference entrance:

« There's a place out of the sun. | Main | ハイコントラストで見る風景 »