« Barely In Love | Main | 今年のM-1 »

RICOH GXRは軽いので持ち運びが楽である故
例えば雨続きでなかなか干せない洗濯物をコインランドリーなんかに
持っていこうというときでも思わず一緒に連れて行ける手軽さがある。

愛機PENTAX K-7は、デジタル一眼としては小型軽量なのだが
使うレンズがCarl Zeissなので、一緒にすると重くなってしまう。

スナップカメラとしては、圧倒的にGXRの方が重宝する。
フルプレススナップもあるし、わざとピントを外したいときには
マニュアルフォーカスまでできてしまう。(50mmの場合)
設定の呼び出しも簡単。GR DIGITALとデジタル一眼の
良いとこ取りという好意的な解釈で、僕はGXRを受け入れている。

ネット上の書き込みには批判的、冷笑的なものも散見されるが
人の意見に惑わされず、自分の気持ちに問いかけるのが一番。
GXRは、その想いに十分に応えてくれるカメラだと思う。

*****

MILES DAVISのアルバムはいろいろ聴いてきたけど
結局一番よく聴くのはプラグド・ニッケルのライブ盤。
(Cookin' At The Plugged Nickel + Highlights From The Plugged Nickel)

コルトレーンのヴィレッジ・ヴァンガードみたいな完全版がほしい。。

やっぱりマイルスのミュート・トランペットが一番好きかも。

Background music:
MILES DAVIS | Cookin' At The Plugged Nickel

091220_001

 

091220_002

 

091220_003

 

091220_004

RICOH GXR | GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO   

|

« Barely In Love | Main | 今年のM-1 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549872/47067063

Listed below are links to weblogs that reference 'Round About Midnight:

« Barely In Love | Main | 今年のM-1 »