« スロウ | Main | stereo »

ペンタックスK-7はデジタルフィルタも充実しているし
画質の調整もかなり細かく設定が可能なので
撮った後のお楽しみも含めて、とても奥の深いカメラだ。

画質もノイズが云々と言われているようだが
そのノイズに関しても、カラーノイズ自体はまったく
目立たないので、むしろキレイな印象である。

個人的にはその粒状感が好きだったりするので
よっぽど今風のツルツルテカテカ写真でないと嫌だ
という人以外なら、気にする必要はないと思う。
(天体撮影とかを好む人には厳しいかもしれませんが。)

もっとも、今回の写真のように加工を加えてしまえば
ノイズも何も関係なくなってしまうわけですが。。

※加工はPENTAX K-7のカメラ内で加えたものです。

やたら眠いとかノイジーだとか叩かれていましたが
(今はファームウェアのバージョンアップで沈静化)
僕はむしろK-7で撮った写真の雰囲気が好きです。

カメラの佇まいも直線的でカッコ良いですし
(僕は丸っこい「なで肩のボディビルダー」みたいな
シルエットがどうしても好きになれません。)
すごく良いカメラだと思っています。

長いこと使ってみてのK-7のレビューというか感想です。
脳神経と直結するまで使い倒したいと思ってます。

100218_001

 

 

100218_002

 

 

100218_003

 

 

100218_004

 

 

100218_005    

title:
heavy hurted song

camera:
PENTAX K-7

lens:
Voigtlander Color Skopar 20mm F3.5 SLII Aspherical

**All photographs on this page is retouched with PENTAX K-7

notice:
ブログランキングに参加しております。
下記バナークリックで応援いただけると幸いです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
スナップ写真ブログランキングへ

|

« スロウ | Main | stereo »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549872/47603879

Listed below are links to weblogs that reference heavy hurted song:

« スロウ | Main | stereo »