« April 2010 | Main | June 2010 »

35 posts from May 2010

100531_gx_101

 

 

100531_gx_102 

route 226 | camera: RICOH GXR / GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

 
 

**********

お気に入りの車に乗れるのは、今の車が最後だろうか。
だから、味わうように日々のドライブを楽しみたい。
といってもあと7~8年は今の車に乗り続けるつもりだけど。

notice: 他の記事は、下の"<<記事名" "Recent Posts","Categories"よりご覧ください。

blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

| | Comments (0) | TrackBack (0)

100530_gx_001

かろうじて晴天。火山灰が舞う中、ドルフィン・ポートにて。リコーGXR、50mm、フルカラー。

 

100530_gx_002 

dolphin port | camera: RICOH GXR / GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
background music: MILES DAVIS "Cookin' At The Plugged Nickel" (1965)
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

 
 

**********

鹿児島は火山灰が舞うので、カメラ持ち歩きに躊躇する。
そういう意味では撮像素子とレンズがユニット化したGXRは心強い味方なのか。

notice: 他の記事は、下の"<<記事名" "Recent Posts","Categories"よりご覧ください。

blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

| | Comments (0) | TrackBack (0)

100529_gx_101

 

 

100529_gx_102 

looking down | camera: RICOH GXR / GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

 

**********

本日二度目の投稿。

notice: 他の記事は、下の"<<記事名" "Recent Posts","Categories"よりご覧ください。

blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

| | Comments (0) | TrackBack (0)

100529_cs_001

 

 

100529_cs_002 

street/Kagoshima #01 | camera: PENTAX K-7 / Voigtlander Color Skopar 20mm F3.5 SLII Aspherical
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

 

ここ数年で写真は、時代を反映してかすごく几帳面で神経質な方向に向かっている。
垂直水平がキッチリ決まっているのは当たり前。その上でピントの精度と解像度。
写真を見るときはピクセル等倍で、アレ・ブレ・ボケなど完全に過去の遺物である。
ましてや傾いている写真なんて、もはや論外なのかもしれない。
そういう意味では僕の撮る写真ほどカッコ悪い写真はなかなかないであろう。

**********

notice: 他の記事は、下の"<<記事名" または"Recent Posts","Categories"よりご覧ください。

blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

| | Comments (0) | TrackBack (0)

100528_dt_001

カールツァイス・ディスタゴン25mmを贅沢に使う。ペンタックスK-7、高感度撮影。

 

100528_dt_002

 

 

100528_dt_003   

soon I'm gonna wake up | camera: PENTAX K-7 / Carl Zeiss Distagon T* 2.8/25 ZK
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

 

しばらく封印していたが、ボケボケの写真が大好きである。
情報や意味が失われて雰囲気だけが残る感じが良い。
でも人が撮ったボケボケ写真が面白くない気持ちもわかる。
上掲の写真もおそらく誰一人共感する人はいないだろう。

同じボケボケ写真でもディスタゴンで撮ると雰囲気が良い。

**********

notice: 他の記事は、下の"<<記事名" ,"Recent Posts","Categories"よりご覧ください。

blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

| | Comments (0) | TrackBack (0)

100527_gx_001

硬質なモノクローム。鹿児島市街地をちょっと離れたところ。リコーGXR。28mm単焦点ユニットを早く使いたい。

 

100527_gx_002 

down is the new up | camera: RICOH GXR / GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

 

RADIOHEADの"In Rainbows"のボーナスディスク付き2枚組が届いた。
In RainbowsのCDがこれで2枚になってしまったが致し方ない。
実際内容も良かったので良しとしよう。

しかしなぜボーナスディスクだけ単品で売ってくれないのだろうか。
この手の商売はうんざりだ。でも正規CDで発売してくれただけ嬉しいので
あまり強めに文句を言えないのがつらいところではある。
ありがとうございます。

**********

notice: 他の記事は、下の"<<記事名" "Recent Posts","Categories"よりご覧ください。

blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

| | Comments (0) | TrackBack (0)

100526_cs_001

 

 

100526_cs_002 

side by side | camera: PENTAX K-7 / Voigtlander Color Skopar 20mm F3.5 SLII Aspherical
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

**********

出かけるたびに写真を撮っているが、気づけば夫婦の写真がない。
二人の思い出を残すというのも重要な写真の役割だと改めて思いなおす。

**********

notice: 他の記事は、下の"<<記事名" または"Recent Posts","Categories"よりご覧ください。

blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

| | Comments (2) | TrackBack (0)

100525_gx_001

肖像権に配慮されたポートレイト。午後の光。リコーGXR、フルカラー。

 

100525_gx_002 

portrait (niece) | camera: RICOH GXR / GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

**********

好きな画作りがいろいろ楽しめるのがGXRとK-7の良いところ。

**********

notice: 他の記事は、下の"<<記事名" または"Recent Posts","Categories"よりご覧ください。

blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

| | Comments (0) | TrackBack (0)

100524_gx_001

リコーGXR 50mm。彩度、ホワイトバランス、個別色設定を調整。GXRのとらえる柔らかい雰囲気が好きだ。

 

100524_gx_003

atmosphere | camera: RICOH GXR / GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

**********

GXRはシャープで硬質な描写もいい感じだが、柔らかい品のある描写が得意なカメラだと思う。
JPEG撮って出し派にとっては、細かい画作りの設定ができて、そのセッティングをなんと6個も
記憶できるGXRはとても使い勝手が良く楽しめるカメラだと思うが、僕にとっては6個でも足りない。

**********

notice: 他の記事は、下の"<<記事名" または"Recent Posts","Categories"よりご覧ください。

blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

| | Comments (0) | TrackBack (0)

100523_gx_101

雨の鹿児島南部地区。たまには雨の日の写真も良い。リコーGXR、50mm。高感度モノクローム。

 

100523_gx_102

 

 

100523_gx_103  

rainy (humid) | camera: RICOH GXR / GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
background music: YO LA TENGO "Popular Songs" (2009)
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

**********

最近雨が多くて写真撮影にも行けない。それは別に良いのだが
あまりの湿気にお気に入りの本が山に落ちている○○本のように
波打ってしまうのが嫌だったので今日ついに除湿機を購入!

**********

notice: 他の記事は、下の"<<記事名" または"Recent Posts","Categories"よりご覧ください。

blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

| | Comments (0) | TrackBack (0)

100523_dg_001

ペンタックスK-7の写りが好きだ。複数の設定をユーザー登録できるので、好みの画作りも簡単に選べる。

 

100523_dg_003

 

 

100523_dg_004   

K-7について | camera: PENTAX K-7 / Carl Zeiss Distagon T* 2.8/25 ZK
background music: THE ROOTS "Game Theory"   (2006)
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

**********

視野率100%でピントも掴みやすいファインダー。手に持ってわかる剛性感と取り回しの良さ。
JPEG撮って出しユーザーにとっては、好みの画作りができて、その呼び出しも簡単。
画作りの設定はホワイトバランスから色味・彩度、コントラストのハイライト側からシャドー側まで
ありとあらゆる部分でかなりの微調整がきくので、多彩なデジタルフィルタ(カスタムモードもあり)と併せて
確実に希望通りの画作りができるすぐれもの。使えば使うほど離れられなくなる機種だと思う。

買ってもうすぐ1年になるが、買った当時より今の方が愛おしく思っている。
今まで何度かK-7のレビューや使用感を書いているが、結局のところ、細かい設定が可能で
好みの写真が撮れて、何といっても使いやすいという点に尽きると思う。

**********

notice: 他の記事は、下の"<<記事名" または"Recent Posts","Categories"よりご覧ください。

blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

| | Comments (0) | TrackBack (0)

100522_cs_001

モノクローム、鹿児島天文館の街角。ペンタックス K-7、カラースコパー20mm。

 

100522_cs_002 

DUB /sound check | camera: PENTAX K-7 / Voigtlander Color Skopar 20mm F3.5 SLII Aspherical
background music: THE ROOTS "Home Grown ! The beginner's guide to understanding The Roots, vol.2"   (2005)
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

**********

THE ROOTSはフェイバリット・アーティストの1つで、アルバムも最新作以外全て持っている。
彼らのベスト盤はREMIXや未発表音源も多く、単なるベスト盤ではないので非常に楽しめる。
しかもJAZZ・FUNKなど生演奏の良さを生かしたメロウな作りとなっているため素晴らしく良い。
やかましくない、大人でも楽しめる夜のブラック・ミュージック。ただのヒップホップではない。

**********

notice: 他の記事は、下の"<<記事名" または"Recent Posts","Categories"よりご覧ください。

blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

| | Comments (0) | TrackBack (0)

100521_gx_001

リコーGXR、50mm、モノクローム。GXRの白黒は良い。一時期封印していたモノクロ魂に火をつけたのがGXRである。

 

100521_gx_002 

popular songs | camera: RICOH GXR / GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
background music: YO LA TENGO "Popular Songs" (2009)
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

**********

2枚目の写真はISO 3200で撮った写真。高感度ノイズが良い感じに雰囲気を演出する。
シャッタースピードも稼げるので、歩きながらの条件反射的撮影にとても重宝している。
そういえば、最近GXRのファームウェアのバージョンアップが公開されている。
機能的な制限がある中で、少しでも要望に応えようと策を講じてくれる姿勢がうれしい。

**********

notice: 他の記事は、下の"<<記事名" または"Recent Posts","Categories"よりご覧ください。

blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

| | Comments (0) | TrackBack (0)

100520_dg_001

ペンタックス K-7とカール・ツァイス・ディスタゴン25mm。フルカラー。ある晴れた日の甲突川周辺。

 

100520_dg_002 

sunday (sunny)  | camera: PENTAX K-7 / Carl Zeiss Distagon T* 2.8/25 ZK
notice: to the toppage for recent posts (click)
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

**********

今度休みの日晴れたら風景写真を撮りに行くこととしたい。今週末は雨らしいけれども。

blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

| | Comments (0) | TrackBack (0)

100519_gx_001

リコーGXR、鹿児島市内、モノクロームスナップ。GR LENS 50mm。

 

100519_gx_002 

whatever  | camera: RICOH GXR / GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
book: Stephen Gill "Archaeology In Reverse" (2007)
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

*****

スティーブン・ギルの仕事を見ていると、僕たちはもっと写真に対して自由であっていいんだと気付かされる。
もっと言えば、どんなカメラだろうと、どんなレンズを使おうと、撮る人が撮れば「写ってしまう」のが写真だ。
何で撮るかではなく、何を撮るか。安モンのカメラでも良い写真は撮れるし、欠点も長所へと反転される。

blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

| | Comments (0) | TrackBack (0)

100518_cs_001

カラースコパーの解像感はとても気持ちがよくてクセになる。ペンタックスK-7、モノクローム。

 

100518_cs_002 

doubt and perturbation  | camera: PENTAX K-7 / Voigtlander Color Skopar 20mm F3.5 SLII Aspherical
book: [ idea no.333 ] Ruder Typography, Ruder Philosophy (2009.3)
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

 

僕がたまに買っている雑誌「アイデア」。その中でも僕の宝物となっているのが333号。
エミール・ルーダーによるタイポグラフィの特集号で、とても完成度の高い書籍である。
よくぞここまで資料を集めたものだと感動してしまうほど圧倒的な内容になっている。

しかしエミール・ルーダーのタイポグラフィにはいつ見ても溜息しか出ない。美しい。
すぐれたタイポグラフィは、どれだけの時代を経ても全く古びることがないということか。

このアイデア333号は、装丁も美しく内容も充実。日本が世界に誇れる雑誌の一つだ。

blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

| | Comments (0) | TrackBack (0)

100517__gx_001

鹿児島市天文館の町はずれ、セピア色の光景。リコーGXR 50mm、フルカラー。

 

100576__gx_002_2   

I'm on my way  | camera: RICOH GXR / GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
book: Ari Marcopoulos "Within Arm's Reach"
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

   

ここ最近のお気に入りの写真家がAri Marcopoulosです。
写真はどれも強く、クールで、優しいのか距離感があるのか。
僕には撮れない写真群なので、単純に憧れるところです。

blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

| | Comments (0) | TrackBack (0)

100516_cs_101

I feel like going home  | camera: PENTAX K-7 / Voigtlander Color Skopar 20mm F3.5 SLII Aspherical
background music: YO LA TENGO "I am not afraid of you and I will beat your ass" (2006)
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

notice: This photograph is retouched with PENTAX K-7.

blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

| | Comments (0) | TrackBack (0)

100516__gx_001

街の表や裏通りをさりげなく、しかもきれいに撮るには、リコーGXRが役に立つ。28mmが待ち遠しい。

 

100516__gx_002 

point and shoot  | camera: RICOH GXR / GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
background music: YO LA TENGO "I am not afraid of you and I will beat your ass" (2006)
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

   

ひどいアルバムタイトルとは相反するメランコリー、ノスタルジーと美しさをもつヨ・ラ・テンゴの上記アルバム。
"I Feel Like Going Home"や"Daphnia"を聴くと、何故こんなにも懐かしい気分になるのだろうか。。

blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

| | Comments (0) | TrackBack (0)

100515_101

リコーGXRで撮る、売り物の花々。GR LENS 50mm、フルカラー。

 

100515_102 

flowers #08  | camera: RICOH GXR / GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
background video: THE FLAMING LIPS "VOID The Flaming Lips 1992 - 2005" (2005)
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

   

blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

| | Comments (0) | TrackBack (0)

100515_001

 

 

100515_002 

good morning spider  | camera: PENTAX K-7 / Carl Zeiss Distagon T* 2.8/25 ZK
background music: SPARKLEHORSE "Good Morning Spider" (1999)
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

 

いままで量でごまかしてたふしもあったような気もするので
一枚当たりを大きくして、数を絞って掲載してみることとする。

blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

| | Comments (0) | TrackBack (0)

100514_001_2

鹿児島市内の風景。ペンタックスK-7、感度3200、フルカラー。ノイズリダクションなし。

 

100514_002_2

 

 

100514_003_2

 

 

100514_004_2

以下3枚はデジタルフィルタ(トイカメラ)適用です。

 

100514_005_2

 

 

100514_006_2      

title: Don't take my sunshine away
camera: PENTAX K-7 / Carl Zeiss Distagon T* 2.8/25 ZK
background music: SPARKLEHORSE "It's A Wonderful Life" (2001)
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

 

 

*****

SPARKLEHORSE(スパークルホース)というバンドのフロントマン
(というか実質一人?)のマーク・リンカスが自殺した。
というニュースを昨日知った。二か月前の話のようだ。

ショックを受けたが、一方で「やっぱり自殺か・・・」という気分も正直あった。
それぐらい繊細な人間で、鬱や苦悩や不安を抱えていた人であるということは
その音楽や声からでも十二分に伝わってきた。
またそんな彼だからこそ、心を震わせる美しいうたと音を作り出せたのだ。

久しぶりに「It's A Wonderful Life」というアルバムを引っ張り出して聴いている。
僕は彼の音楽で幾度となく心を浄化してもらっていた。
ここ数年彼の音楽を聴いていなかったが、やはり心を震わせる音楽である。
音の一音一音の美しさ、音のコラージュが生み出す独特の世界観。
1stアルバムと2ndアルバムはもっとポップ寄りで、ポップとメランコリーの
バランスがとても良かった。

彼は寡作な人でオリジナル・アルバムは4枚しか出していない。
最後の4枚目を僕は買わなかった。結婚して環境と心境が変わったから。
でも彼は変わらず楽曲の制作を続けていた。
You Tubeでその4枚目のアルバムから「Don't Take My Sunshine Away」を視聴。
変わらない彼の音楽がそこにはあって、You TubeとPCによる貧弱な音質でも
十分にその美しさと優しさが伝わってきて思わず嬉しくなった。

notice: ブログランキング参加中。皆様の1クリックが励みになります。
→click: にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

| | Comments (0) | TrackBack (0)

100513_001

ありきたりな光景をリコーGXR、モノクロームで。

 

100513_002

 

 

100513_003

 

 

100513_004

 

 

100513_005

 

 

100513_006      

title: everyone wants to live forever
camera: RICOH GXR / GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
background video: THE FLAMING LIPS "VOID The Flaming Lips 1992 - 2005" (2005)
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

 

 

*****

THE FLAMING LIPSのビデオクリップ集。
ウェイン・コインはダンディでカッコ良くて憧れる。
良い年の取り方をしていると思う。

しかし良く考えてみればフレーミング・リップスほど
活動歴が長くて未だに実験精神や遊び心を失わず
いつまでも少年の心を失わないバンドも珍しい。

メロウでポップでノイジーでファンタジックでシリアスで
実験的でサイケデリックで高揚感に溢れる稀有な音楽。
心の底から愛おしいと思えるピュアな感性を彼らに見る。
  

notice: ブログランキング参加中。皆様の1クリックが励みになります。
→click: にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

| | Comments (0) | TrackBack (0)

100512_001

鹿児島市街地、そこに漂う雰囲気を掬い撮る。ペンタックスK-7、白黒、感度3200。

 

100512_002

モノクロームでなければ伝えられない空気があって、K-7ならそれが思い通りにできる。

 

100512_003

 

 

100512_004

 

 

100512_005    

title: street spirit (fade out)
camera: PENTAX K-7 / Carl Zeiss Distagon T* 2.8/25 ZK
background music: N/A
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

 

 

*****

今日の写真はK-7、with Carl Zeiss Distagon 25mm。
ディスタゴンの25mmは、近くに被写体がある分には使いやすいが
4~5m先の被写体に開放でピント合わせをするのは難しい。
特に僕のように歩きながら撮影する場合にはなおさらである。

よってある程度絞って撮ることになるが、この場合であれば
被写界深度の深さも手伝って、ピントリングに触らず反射的に
パシャパシャ撮れるので、歩きながらでもストレスなしで撮れる。

本当はこのレンズは結構いい感じにボケてくれるので
開放気味で使いたいので、多少のジレンマはある。

35mmの方はまだ遠方のピント合わせがやりやすそうなので
いろいろと楽しそうだなぁと思っている。要するに欲しい。

notice: ブログランキング参加中。皆様の1クリックが励みになります。
→click: にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

| | Comments (0) | TrackBack (0)

100511_001

夜の繁華街、鹿児島天文館、リコーGXR。GR LENS 50mm、高感度にて。

 

100511_002

 

 

100511_003

 

 

100511_004

 

 

100511_005

 

 

100511_006      

title: moving along
camera: RICOH GXR / GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
background music: JUNGLE BROTHERS "Raw Deluxe" (1997)
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

 

 

*****

もともとCD-Rに焼いて持っていたJungle BrothersのCDを
結局中古CDで買いなおしてしまった。

僕だけかもしれないが、やはりCD-Rで持っておくより
ちゃんとパッケージされたCDを買った方が、そのCDをよく聴くし
何よりその音楽への「入り込み方」が違う。
所有して、ケースやインナースリーブを眺めて、歌詞カードを開きつつ
金銭の対価として音と向き合って初めて分かる良さってもんがあると思う。

で、このRaw Deluxe。トラック(というかドラムの音使い)には
90年代中期の香りが色濃く残っているが、上ネタのセンスの良さ含め
やはり聴いてて気持ちが良い。極めつけはThe Roots prod.の"Brain"。
言ってしまえばモロにThe Rootsのトラックなわけだが、最高である。
ルーツとトライブとJay Deeは大人になっても(大人だからこそ)楽しめる。

notice: ブログランキング参加中。皆様の1クリックが励みになります。
→click: にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

| | Comments (2) | TrackBack (0)

100510_001

リコーGXRで光と戯れる。GRレンズ50mm、フルカラー。

 

100510_002

 

 

100510_003

 

 

100510_004

 

 

100510_005    

title: in the light (again)
camera: RICOH GXR / GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
background music: N/A
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

 

 

*****

GXRは良いカメラだ。ちゃんと普通に撮ったときの透明感が良い。
でも普段は高感度撮影が多いので、そのメリットを享受しきれていない。

上掲の写真は「わざと」飛ばしてます。逆光性能が低いわけではない
ということを強調しておきます。

notice: ブログランキング参加中。皆様の1クリックが励みになります。
→click: にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

| | Comments (0) | TrackBack (0)

100509_001

 

 

100509_002

 

 

100509_003_2

 

 

100509_004

 

 

100509_005   

title: ribbon in the sky
camera: RICOH GXR / GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
background music: N/A
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

 

 

*****

今日は買い物がてらペンタックスK-7で撮影。
GXRと2台体制で臨んだわけだが
あまりに機材が重くなってしまって腰を痛めた。

notice: ブログランキング参加中。皆様の1クリックが励みになります。
→click: にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

| | Comments (0) | TrackBack (0)

100508_001

鹿児島市内、高感度撮影、フルカラー。ペンタックスK-7。ISO 3200

 

100508_002

ディスタゴン25mm。使いこなしは難しいが、やはり素晴らしいレンズである。

 

100508_003

 

 

100508_004

この写真だけハイコントラストモード。

 

100508_005    

title: today is the day
camera: PENTAX K-7 / Carl Zeiss Distagon T* 2.8/25 ZK
background music: N/A
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

 

 

*****

久しぶりに今日はK-7を持って天文館を撮影。
お供はカールツァイス・ディスタゴン25mm。
久しぶりのデジイチでの撮影だが楽しかった。
シャッターのカシャカシャ音、指先に伝わる振動。
そして撮影された画像の濃密な雰囲気。

K-7はノイジーだと言われているが
上掲の写真はISO3200の画像なのでお間違いなく。
実際はそんな気になるノイズではないです。

notice: ブログランキング参加中。皆様の1クリックが励みになります。
→click: にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

| | Comments (0) | TrackBack (0)

100507_001

主にモノクローム。何もない場所に向けられたGRレンズ、リコーGXR。

 

100507_002

 

 

100507_003

 

 

100507_004

 

 

100507_005    

title: ain't no sunshine
camera: RICOH GXR / GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
background music: N/A
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

 

 

*****

そろそろ、K-7で撮影に行こうかなと思案中。

notice: ブログランキング参加中。皆様の1クリックが励みになります。
→click: にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

| | Comments (2) | TrackBack (0)

100506_001

鹿児島市内各所の夜の風景。リコーGXR、モノクローム。感度3200・ノーレタッチ。

 

100506_002

 

 

100506_003

 

 

100506_004

 

 

100506_005_2   

title: the way we make music
camera: RICOH GXR / GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
background music: V.A. "The Detroit Experiment" (2003)
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

 

 

*****

リコーのコンパクトカメラCX3に、「ハイコントラスト白黒」モードなるものがある。
ということを昨日初めて知った。

適度なハイコントラスト、グレートーンに被さる粒状ノイズ。この機能羨ましい。。
某社のハイコントラスト白黒フィルタより自然な感じなので使い勝手も良さそう。

もしこの機能がGRD3の「ファームウェア更新で」付加されるとしたら
僕は迷わずGRD3を買ってしまいそうだ。

notice: ブログランキング参加中。皆様の1クリックが励みになります。
→click: にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

| | Comments (0) | TrackBack (0)

100505_101

いくら彩度を落としても、花の色はやはりきれいです。リコーGXR、50mm。カラーで撮影。

 

100505_102

 

 

100505_103

 

 

100505_104   

title: flowers #07
camera: RICOH GXR / GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
book: Mika Ninagawa "Earthly flowers, heavenly colors"
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

 

 

*****

去年か今年の初め、蜷川実花の写真展が鹿児島でも開催された。(地上の花、天上の色)
鹿児島で有名な写真家の写真展が開催されることは滅多にないので観に行った。
(EU・ジャパンフェストの「European Eyes On Japan」シリーズで、今や大人気の
スティーブン・ギルが鹿児島で撮影を行っており、その写真展も以前ありました。
当然見に行きました。僕が撮ったのと同じ被写体も一部混じってますが、撮り方が
全く違っていたりして、いろんな意味で楽しめました。)

蜷川実花と言えば極彩色・ポップ・女の子というイメージしか持っていなかったので
実際に観るといろんな写真(近作「Noir」シリーズとか)があって、とても良かった。
(ある種「今風」な写真、例えば大量にぶら下がった肉とか、一部「?」と思ったが。)

で、その展覧会用に作られたカタログというか写真集(ハードカバーの立派な装丁です)を
今日久しぶりに引っ張り出して観てみた。
最近脱色系のカラー写真ばかり撮っていたので、色の濃い写真が単純に新鮮だったが
やはり極彩色で撮る花はキレイで、どう見ても「あの世の風景」にしか見えない。
他方、現実を捻じ曲げた脱色設定による上掲の写真の方がリアルに見えてしまう。

同じ被写体でも撮り方(構図・機材等)次第で立ち上がるイメージがガラリと変わってしまう
写真とは、何て奥深く楽しいものかと改めて気付かされた日だった。

notice: ブログランキング参加中。皆様の1クリックが励みになります。
→click: にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

| | Comments (0) | TrackBack (0)

100504_001

リコーGXR、高感度モノクロームで切り取る光景。ISO3200。

 

100504_002

 

 

100504_003

 

 

100504_004

 

 

100504_005    

title: weekender
camera: RICOH GXR / GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
background music: ERIC DOLPHY "In Europe, vol.2" (1961) /JAZZ
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

 

 

*****

今日まで安静にしていたのでさすがに風邪も完治。
久々に人ごみに出てみたらフラフラしてしまった。

風邪のおかげでゆっくりできたのでいろいろと写真について考えた。
自分でも何が撮りたいのか、何がしたいのかわからずにいたが
あえて自分のスタイルを固定化する必要なんてないというのが結論。

今はただ「撮りたい」という欲求にだけまかせて
ひたすら撮りたい瞬間を撮り続ければ良いということで納得。

notice: ブログランキング参加中。皆様の1クリックが励みになります。
→click: にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

| | Comments (0) | TrackBack (0)

100503_001

風邪の為、室内にて物撮り兼雑誌の紹介。リコーGXR、カラー撮影。

 

100503_002

 

 

100503_003

 

 

100503_004

 

 

100503_005    

title: photographica
camera: RICOH GXR / GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
background music: ERIC DOLPHY "In Europe, vol.1" (1961) /JAZZ
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

 

 

*****

かれこれ2~3年買い続けている雑誌がある。
フォトグラフィカという写真雑誌である。
毎回様々なテーマに沿って写真家のインタビューや
写真の紹介などがなされる。

日本カメラやアサヒカメラ等のカメラ雑誌とは
立ち位置を異にする独自の切り口で
写真家の人となりや写真界の動向などを追う。

多種多様な写真家や写真集の紹介などもあり
中身が濃くて読みどころが多い。
いろいろと良い刺激を受けることもある。

中身が濃い故に、編集側はよほど大変なのだろう。
ここ数刊(デザインが変わってから?)誤植が目立つ。
でも文句を言うつもりは全くなく、毎回楽しみにしている。

ただ強いて難を言えば、今の中島さんのデザインも
良いと思うのだが、前回までのデザインの方が
表紙の紙質(汚れがつきやすい難点はあったが
だからこそ大切に扱おうという気分が芽生える。)から
表紙のデザインまで「高級感」があって好きだった。

一番のお気に入りは佐内正史(2008夏)号の表紙。
赤い車(GTR)を大胆に切り取った写真に銀箔押しのタイトル。
カッコ良い。中身も当然面白く読ませていただいた。

佐内氏の写真集は「自分じゃない人」という写真集しか
持っていないが、これが全編ピンボケの雰囲気写真。
正直高い金払ってこの内容かとイラっとしてしまったが
実は僕も同じようなことを「ノスタルジック・シリーズ」と称して
やっていたので、何だか彼に共感してしまうところもあり
「やられた感」と「これを写真集として出すか感」と相まって
以来只者ではない写真家の一人として認識している。

で、久しぶりに「自分じゃない人」を引っ張り出して観てみたが
やっぱり良い感じですね。森山大道の「Bye Bye Poraloid」と
実は雰囲気が近くて、つまりはノスタルジック・シリーズである。

notice: ブログランキング参加中。皆様の1クリックが励みになります。
→click: にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

| | Comments (0) | TrackBack (0)

100502_001

車窓から切り取る風景。リコーGXR、カラー撮影。

 

100502_002

すべて車内から撮影した「ものぐさお散歩スナップ」である。

 

100502_003

 

 

100502_004

 

 

100502_005    

title: out my window
camera: RICOH GXR / GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
background music: N/A
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

 

 

notice: ブログランキング参加中。皆様の1クリックが励みになります。
→click: にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

| | Comments (0) | TrackBack (0)

100501_001

熱にうなされながらの撮影。ペンタックスK-7、ISO 3200。

 

100501_002

カラースコパー20mmは良い。

 

100501_003

 

 

100501_004

 

 

100501_005

 

 

100501_006

 

 

100501_007      

title: reverb
camera: PENTAX K-7 / Voigtlander Color Skopar 20mm F3.5 SLII Aspherical
background music: N/A
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

 

*****

昨日の夜から風邪をひいてしまった。
今日は仕事だったが早退して家で安静。
布団で寝ていると熱と関節痛であまりにつらく
現実逃避で室内撮りを敢行。

ストレスのせいかノイジーな感じがしっくりきたので
ISO高めでモノクロ撮影。

notice: ブログランキング参加中。皆様の1クリックが励みになります。
→click: にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2010 | Main | June 2010 »