« sweet candy rain | Main | D trad, that's what »

100622_sg_003

夜を駆ける車窓から。ペンタックスK-7。夜でも撮れるのはシグマ30mm F1.4のおかげ。

 

 

100622_sg_002 

For a Language to Come | camera: PENTAX K-7 / SIGMA 30mm F1.4 EX DC
background music: ORNETTE COLEMAN "The Shape Of Jazz To Come" (1959)
book: Takuma Nakahira "For a Language to Come" (published in 2010)
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

**********

昨日、予約していた中平卓馬「来たるべき言葉のために」が届いた。
最初BGMにアルバート・アイラーの「New York Eye And Ear Control」をかけていたが
ピンとこなかったので、オーネット・コールマンの「Lonely Woman」~に変更。
オーネットを聴きながらこの写真の数々を観るのは至福の体験であった。

個人的には「写真よさようなら」よりもこっちの方が詩的で叙情的な感じで好きかも。
もちろん、そんな情緒など払い飛ばすような力と迫力がここには漲ってはいるのだが。。
全編モノクローム。粒状ノイズに溶けていくのか、はたまた浮かび上がってくるのか。
ときに原形すらわからない荒れたイメージの数々。時折差し込まれる海などの原風景。
ノスタルジーや、夜または得体のしれないものへの不安など様々な感情が交錯する。

本としてのつくりも素晴らしい。「写真よさようなら(新装版)」はページの綴じ方に
ちょっと心もとない部分もあって、そのうちページの一部がさようならしてしまいそうだが
こっちの方は紙質からカバーの強度、そしてデザインに至るまで、装丁全般素晴らしい。
デザインは以前もちょっと触れたことがある服部一成氏。
レトロ感がありながら今風。ハンドクラフト的な要素も垣間見えつつ上品なデザイン。
やはりこの方はセンスがあるなぁと思う。数少ない本物のデザイナーという気がする。

**********

notice: 他の記事は下の"<<記事名" "Recent Posts","Categories"よりご覧ください。
blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

|

« sweet candy rain | Main | D trad, that's what »