« May 2010 | Main | July 2010 »

33 posts from June 2010

100630_sg_001

   

   

   

100630_sg_002 

walkin' | camera: PENTAX K-7 / SIGMA 30mm F1.4 EX DC
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]
blog ranking: ブログランキングに参加しています。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

|

100629_gx_001

   

   

   

100629_gx_002 

caged bird | camera: RICOH GXR / GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
book: helmut schmid "gestaltung ist haltung : design is attitude"
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

   

**********

ヘルムート・シュミットのタイポグラフィやその解説等を収めた本。
僕の宝物の一つ。見るたびに胸がキュンキュンしてしまう。
何もない空白に文字が配置されると、何もなかったはずの
「無」の空間を含め、全てが意味を為し宇宙的な拡がりをみせる。
白と黒、点と線、曲線と直線、規則性と不規則性、明と暗。
「余白」の意味を、見るたびに考えさせられる。写真も同様かも。

**********

notice: 他の記事は 下記"<<記事名" "Recent Posts","Categories"よりご覧ください。
blog ranking: ブログランキングに参加しています。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

|

100628_gx_001_2

どこにでもある(ようでなかなかない)少しノスタルジックなイメージ。リコーGXR、50mm。

   

   

100628_gx_002_2 

thinking back | camera: RICOH GXR / GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

**********

昨日の夜は最悪だった。風呂から上がってインターネットを見てたら
ふとあそこに違和感を感じた。その瞬間あそこに激痛が走るので
何かと思ってみてみたら、下腹部をこっちに向かってムカデが這って居た。
正直トラウマ気味で、わずかな刺激にもビビってしまう。思い出したくもない。
まあ全長5cmくらいのちっちゃいムカデではあったのだが。。

**********

notice: 他の記事は 下記"<<記事名" "Recent Posts","Categories"よりご覧ください。
blog ranking: ブログランキングに参加しています。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

|

100627_gx_001

脱色して見えてくる静けさ。リコーGXR w/GR LENS A12 50mm。彩度-4。

   

   

100627_gx_002

   

   

   

100627_gx_003  

bleached out  | camera: RICOH GXR / GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]
notice: 他の記事は 下記"<<記事名" "Recent Posts","Categories"よりご覧ください。
blog ranking: ブログランキングに参加しています。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

|

100627_sg_001

今日は幸い曇りだったので、シグマ30mm F1.4を街に持ち出してみた。w/ペンタックスK-7。

   

   

100627_sg_002 

radio daze | camera: PENTAX K-7 / SIGMA 30mm F1.4 EX DC
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

   
**********

SIGMA 30mm F1.4は、キットレンズ以外で初のAFレンズだが
撮っていてとても楽しいレンズだ。画角が僕にはちょうど良い。
APS-Cで約45mm。寄ったり引いたりがあまり必要とならない。
と言いつつも、そろそろGRの28mmも恋しくなってきた。

**********

notice: 他の記事は下の"<<記事名" "Recent Posts","Categories"よりご覧ください。
blog ranking: ブログランキングに参加しています。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

|

100625_dg_001

 

   

   
 
100625_dg_002 

a peace of light | camera: PENTAX K-7 / Carl Zeiss Distagon T* 2.8/25 ZK
background music: THE ROOTS "how i got over" (2010)
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

   
**********

THE ROOTSの新譜が到着。まだ途中までしか聴いてないが、良い。
昔のJAZZ要素と最近のダーク路線を混ぜ合わせて、生音感を重視した音。
なおもってダークな雰囲気は変わらないが、次の作品が早くも楽しみになる。
昔みたいな生音JAZZ-HIP HOPをもう一度やってくれないかなぁと切望。

**********

notice: 他の記事は下の"<<記事名" "Recent Posts","Categories"よりご覧ください。
blog ranking: ブログランキングに参加しています。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

|

100625_sg_001

 

   

   
 
100625_sg_002 

good morning spider | camera: PENTAX K-7 / SIGMA 30mm F1.4 EX DC
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

   
**********

睡眠不足ながら早朝?3時に早起きした甲斐があった。
今日は良い日だ。今から仕事、というのは考えないようにしよう。

**********

notice: 他の記事は下の"<<記事名" "Recent Posts","Categories"よりご覧ください。
blog ranking: ブログランキングに参加しています。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

|

100624_gx_001

   

   

   
 
100624_gx_002 

life (in technicolor)  | camera: RICOH GXR / GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
background music: ORNETTE COLEMAN "To Whom Who Keeps A Record" (1959, 1960)
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]
 
 
 
notice: 他の記事は 下記"<<記事名" "Recent Posts","Categories"よりご覧ください。
blog ranking: ブログランキングに参加しています。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

|

100623_gx_001

フリージャズにはモノクロの写真が良く似合う。リコーGXR、GR LENS 50mm。

 

 

100623_gx_002

   

   

   

100623_gx_003   

D trad, that's what  | camera: RICOH GXR / GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
background music: CECIL TAYLOR "Live At Cafe Montmartre" (1962)
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]
 

**********

興味がない人にとっては雑音・騒音でしかないフリージャズ。
セシルテイラーのカフェ・モンマルトルのライブ盤も
そのお洒落なタイトルと、理知的で落ち着いたジャケット写真からは
想像できないようなリズムと音の狂喜乱舞状態であって
しかしながら確実に聴く者を興奮状態へと誘っていく。
ピアノとアルトサックス、そしてドラムのみ。打ちつけ、飛び散る
音の破片たちが少しずつ積み重なり、巨大なオブジェを完成させる。

**********

notice: 他の記事は、下の"<<記事名" "Recent Posts","Categories"よりご覧ください。
blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

|

100622_sg_003

夜を駆ける車窓から。ペンタックスK-7。夜でも撮れるのはシグマ30mm F1.4のおかげ。

 

 

100622_sg_002 

For a Language to Come | camera: PENTAX K-7 / SIGMA 30mm F1.4 EX DC
background music: ORNETTE COLEMAN "The Shape Of Jazz To Come" (1959)
book: Takuma Nakahira "For a Language to Come" (published in 2010)
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

**********

昨日、予約していた中平卓馬「来たるべき言葉のために」が届いた。
最初BGMにアルバート・アイラーの「New York Eye And Ear Control」をかけていたが
ピンとこなかったので、オーネット・コールマンの「Lonely Woman」~に変更。
オーネットを聴きながらこの写真の数々を観るのは至福の体験であった。

個人的には「写真よさようなら」よりもこっちの方が詩的で叙情的な感じで好きかも。
もちろん、そんな情緒など払い飛ばすような力と迫力がここには漲ってはいるのだが。。
全編モノクローム。粒状ノイズに溶けていくのか、はたまた浮かび上がってくるのか。
ときに原形すらわからない荒れたイメージの数々。時折差し込まれる海などの原風景。
ノスタルジーや、夜または得体のしれないものへの不安など様々な感情が交錯する。

本としてのつくりも素晴らしい。「写真よさようなら(新装版)」はページの綴じ方に
ちょっと心もとない部分もあって、そのうちページの一部がさようならしてしまいそうだが
こっちの方は紙質からカバーの強度、そしてデザインに至るまで、装丁全般素晴らしい。
デザインは以前もちょっと触れたことがある服部一成氏。
レトロ感がありながら今風。ハンドクラフト的な要素も垣間見えつつ上品なデザイン。
やはりこの方はセンスがあるなぁと思う。数少ない本物のデザイナーという気がする。

**********

notice: 他の記事は下の"<<記事名" "Recent Posts","Categories"よりご覧ください。
blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

|

100621_sg_001

雨の降る車内から。ペンタックスK-7、フルカラー。シグマ30mm。

 

 

100621_sg_002 

sweet candy rain | camera: PENTAX K-7 / SIGMA 30mm F1.4 EX DC
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

**********

昨日シグマ30mmを外に持ち出して撮影したが、ピント精度に問題はなかった。
帰ってきてからも室内でかみさんの買ったカメラの撮影等やってみたけど
よく考えたらなんの問題もなくきちんとピントが合っていた。(F2.0)
ピント調整が必要なのは初期のものだけだったのか、たまたま当たりをひいたのか。

**********

notice: 他の記事は下の"<<記事名" "Recent Posts","Categories"よりご覧ください。
blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

|

100620_sg_001

見よ。これが普段カメラに触りもしないかみさんが今日買ったフィルムカメラである。

 

 

100620_sg_002 

Nicon new FM2 (かみさんの) | camera: PENTAX K-7 / SIGMA 30mm F1.4 EX DC
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

**********

以前さんざんデジタル一眼デジタル一眼と言って聞かず
ならばと思って購入したKiss X3をここ数か月触りもしないかみさんが
フィルムカメラをご所望とのことで今日分割払いで買ったNicon New FM2。
普段カメラなんて撮りもしないのに。

フィルムに対する憧れは僕も以前からあったのだが、ついつい手軽な
デジタルの方にばかり興味が向いていたところ、やはり実物を見ると
やたらとテンションが上がる。やはり昔のフィルムカメラはカッコ良い!
普段カメラを持ち歩かないかみさんが先にフィルム時代に突入して
何だか亀に抜かれた兎のような気分を味わってしまい、なんか悔しい。
どうせ1ヶ月後には撮りもしないのに。
今はただ、Wii fitの二の舞にならないように祈ることしかできない。

**********

notice: 他の記事は下の"<<記事名" "Recent Posts","Categories"よりご覧ください。
blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

|

100619_sg_001

ペンタックスK-7、フルカラーでシグマ30mmレンズを試す。

 

 

100618_sg_004

 

 

 

100619_sg_002 

single focus 30mm | camera: PENTAX K-7 / SIGMA 30mm F1.4 EX DC
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

**********

折角の週末だけど雨なのと、訳あって車がないので、オランダ戦前というのもあり自宅で静養中。
今日初めてシグマ30mmを日中に試すことができた。レビューとまではいかないが感想を以下。

1)調整に出さないとピントが合わないという報告例が多かったが、これはそこまで問題ない。
ただし合うときと合わないときがある。明るいとき屋外でも試してみて最終的に判断します。
2)遠景の解像感は正直あんまりよくないと思う。絞ってもあまり改善されないと感じた。
ただ、個人的にはあまりカリカリしているのは好きではないので、気にしないことにしている。
3)歪曲が結構目立つ。気になる人は、購入はちょっと止めといた方が良いのかもしれない
4)風景撮りよりは、人や物撮り等主題を際立たせる撮影の方が威力を発揮する描写だ。
中心部の解像感が高いように感じられ、F値・環境によっては周辺減光等も見られるようだ。

プラナー50mm的な明るさとボケを楽しみつつ、ディスタゴン25mmのように準広角的に使える。
総合的にはいろいろと楽しめる良いレンズで、買って良かったと思う。やっぱりAFは楽だ。
その代わり、ピントが合ってなかったときのストレスという別の問題も表出してしまうわけだが。
AFでピント合わせをした後に、マニュアルでピントを追い込めるのは良いのだが
ピントリングは固いし、ちょっとガクガク動いてしまうので、厳密なピント合わせは難しい。
カールツァイスやフォクトレンダーのピントリングが如何に優れているかを痛感した。

(プラナー50mm+ディスタゴン25mm)/2.5+AFの手軽さ+αの、使って楽しいレンズ。

**********

notice: 他の記事は下の"<<記事名" "Recent Posts","Categories"よりご覧ください。
blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

|

100618_gx_001

寄ったり引いたり。50mmもなかなか楽しい。リコーGXR、モノクローム。

 

 

100618_gx_002 

closer  | camera: RICOH GXR / GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

**********

折角シグマの30mm買ったのに、今週末も雨のようで撮影に行けない。
K-7が防滴でもレンズがそうでなければ、やはり雨の日の持ち出しは躊躇してしまう。

**********

notice: 他の記事は、下の"<<記事名" "Recent Posts","Categories"よりご覧ください。
blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

|

100617_gx_001

鹿児島市街地。表通りと裏通り、晴れと雨。モノクロームで。リコーGXR w/GR LENS 50mm。

 

 

100617_gx_002 

come rain or come shine  | camera: RICOH GXR / GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

**********

ポール・トーマス・アンダーソン監督の映画「マグノリア」。
僕の最も好きな映画ベスト3に入る特別な映画である。
因みに僕は、この映画の予告編を見ただけで泣ける。
賛否両論のこの映画、はまる人には強烈にはまる。
映画終盤には雨ならぬ○○○が降ってくる。
この偶然のなせる出来事によって登場人物は何となく救われる。
でも嫌悪派の方々は、この出来事自体がありえないと一笑する。
映画の好みも感性も人それぞれだが、僕はこの映画を好きで良かった。

**********

notice: 他の記事は、下の"<<記事名" "Recent Posts","Categories"よりご覧ください。
blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

|

100616_gx_001

鹿児島天文館名物(の広告物)。たまにはこんな写真も良いかなと。。リコーGXR 50mm。

 

 

100616_gx_002 

white bear (innocent)  | camera: RICOH GXR / GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

**********

シグマの30mm F1.4が無事届いた。第一印象は「重い」。でも写りはとても良い。
懸念していたピント精度だが、夜の蛍光灯下でしか試せていないので判断はもうちょっと待ちたい。
実際のところ、ジャストだったりそうでなかったり。週末が楽しみだ。

**********

notice: 他の記事は、下の"<<記事名" "Recent Posts","Categories"よりご覧ください。
blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

|

100615_gx_001

リコーGXR 50mm マクロモード 低彩度 高コントラスト フルカラー。それぞれ個別色設定で色味を調整。

 

 

100615_gx_002 

flowers #09  | camera: RICOH GXR / GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

**********

シグマの30mm F1.4が今日届いた(はず)。
キットレンズ以外では初のAFレンズである。
ピントがちゃんと合ってくれればよいのだが。。

**********

notice: 他の記事は、下の"<<記事名" "Recent Posts","Categories"よりご覧ください。
blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

|

100614_gx_003

彩度を落として、コントラストは高く。個別色設定で色味を調整。リコーGXR、50mm。フルカラー。

 

 

100614_gx_002 

across the window  | camera: RICOH GXR / GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
book: INOUE TSUGUYA GRAPHIC WORKS 1981-2007
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

**********

アート・ディレクター井上嗣也氏は、僕と同じ宮崎出身の方で元々親近感を持っていたが
彼の20数年にわたる仕事を1冊に収めた上記の本を見れば、圧倒されて親近感どころではない。
広告とは心に訴えかける媒体であるとともに、アートも写真もデザインも文学も
すべてを飲み込んだ先に存在する、消費社会における究極の表現であると気づかされる。

彼の仕事において写真は欠かせない要素の一つで、コピーの強さももちろんだが
何よりそこに用いられる写真1つ1つが圧倒的な強度をもって見る者に迫る。
強い写真とはどういうものか、その鍵が彼の広告の中にあると見るたびに思う。

それにしてもCOMME des GARCONSの広告の、今見ても先鋭的でカッコ良いこの強さは何だ。
ラフなように見えて繊細、感性だけでなく何かノスタルジックな記憶のようなものまで刺激する。
見るたびにため息。写真とタイポグラフィと色味・デザインの高次元な融合。たまりません。

**********

notice: 他の記事は、下の"<<記事名" "Recent Posts","Categories"よりご覧ください。
blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

|

100613_gx_001

 

 

 

100613_gx_002 

a girl like you  | camera: RICOH GXR / GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

**********

SIGMA 30mm F1.4 EX DCをポチってしまいました。

**********

notice: 他の記事は、下の"<<記事名" "Recent Posts","Categories"よりご覧ください。
blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

|

100612_gx_001

集積する街、油の匂い、鉄錆、電線、排気ガス。雨の前の湿気でエンジン音が良く通る。
Out there / 鹿児島天文館 (リコーGXR w/GR LENS 50mm)
 

 

100612_gx_002 

out there  | camera: RICOH GXR / GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
background music: ERIC DOLPHY QUINTET "Outward Bound" (1960)
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

**********

notice: 他の記事は、下の"<<記事名" "Recent Posts","Categories"よりご覧ください。
blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

|

100612_cs_101

ペンタックスK-7。カメラ内現像によるハイコントラスト・モノクローム。

 

 

100612_cs_102 

life in monochrome #02 | camera: PENTAX K-7 / Voigtlander Color Skopar 20mm F3.5 SLII Aspherical
background music: ERIC DOLPHY QUINTET "Outward Bound" (1960)
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

**********

K-7のカメラ内現像が楽しい。

notice: 他の記事は下の"<<記事名" "Recent Posts","Categories"よりご覧ください。
blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

|

100611_gx_001

鹿児島市街地のちょっと裏通りを引き続き撮り歩く。リコーGXR、GR LENS 50mm、モノクローム。

 

 

100611_gx_002

the shoegazer (looking up)  | camera: RICOH GXR / GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
background music: MAZARIN "Watch It Happen" (2000)
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

**********

しかし一人で小さいカメラ(GXR)を手に天文館の裏通りを、たまにビルの隙間に入りながら
撮影している姿は、ここ鹿児島ではとても奇異なものに他の人の目には写っているのだろう。

**********

notice: 他の記事は、下の"<<記事名" "Recent Posts","Categories"よりご覧ください。
blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

|

100610_gx_001

鹿児島市天文館の街はずれ。リコーGXR、フルカラー。

 

 

100610_gx_003

don't smoke in the street  | camera: RICOH GXR / GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
background music: RADIOHEAD "In Rainbows /disc 2" (2010)
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

**********

たまにはカラーの写真を掲載します。

**********

notice: 他の記事は、下の"<<記事名" "Recent Posts","Categories"よりご覧ください。
blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

|

100609_gx_001

看板と電線と女神|リコーGXRでふと斜め上方を見上げる。
signs, lines and the venus

 

100609_gx_002 

signs, lines and the venus  | camera: RICOH GXR / GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
background music: JACK JOHNSON "To The Sea" (2010)
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

**********

しばらくモノクロが続いています。モノクロは嫌いな人は嫌いますね。
カラーの難しいところは、カメラのディスプレイとPCとプリントで色が変わってしまうこと。
キャリブレーションとかは抜きにして、どの媒体に自分の意図を合わせれば良いのか。。
ましてや同じJPEGでもPCによって色合いが変わってしまうものだから難しいです。

**********

notice: 他の記事は、下の"<<記事名" "Recent Posts","Categories"よりご覧ください。
blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

|

100608_gx_001

鹿児島の中心地、天文館。その裏通りが湛える独特の詩情をGXRのモノクロームで掬う試み(1)。

 

 

100608_gx_002 

beauty is a rare thing  | camera: RICOH GXR / GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
background music: THE ORNETTE COLEMAN QUARTET "This Is Our Music" (1960)
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

**********

長いこと鹿児島に住んでいるが、僕の出身は宮崎である。
夏が近づくといつも感じるのは、僕のノスタルジーの源泉は
いや、もはやアイデンティティの一部と言っても良いのかもしれないが
澄み切った青空と照りつける太陽、海、そして海岸沿いのフェニックスにある。
鹿児島ではスカッと晴れることはあまりない。火山灰の影響もあると思う。
宮崎の晴れは鹿児島の晴れとはやっぱり違う。特別な高揚感があるのだ。

キマグレンの音楽は、宮崎の海岸に、とてもよく合うと思う。
そんなキマグレンが、宮崎の恒例フェス「JAM NIGHT」にやってくるはずだった。
しかし昨今の口蹄疫の影響で、今年のJAM NIGHTの開催が自粛されるとのこと。
昔から宮崎の夏の風物詩であり、口蹄疫ショックで落ち込んでいる宮崎に
再び元気になってもらうためにも是非実施に踏み切ってほしかったのだが。。
今年は僕たちも行くつもりだったので、とても残念である。

**********

notice: 他の記事は、下の"<<記事名" "Recent Posts","Categories"よりご覧ください。
blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

|

100607_gx_001

天文館スナップ、モノクローム。黒の分量が多いのが良い。リコーGXR。好みのセッティングが簡単呼び出しで使いやすい。

 

 

100607_gx_002 

in the black and white blues | camera: RICOH GXR / GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
background music: ERIC DOLPHY "Eric Dolphy In Europe, vol.3" (1965)
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

**********

昨日は久々に天文館で写真撮影。歩行時間およそ2時間。
やはり街撮りが楽しい。カラーと白黒を使い分けているが
その判断基準は自分でもよくわかっていない。

**********

notice: 他の記事は、下の"<<記事名" "Recent Posts","Categories"よりご覧ください。
blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

|

100606_gx_001

鹿児島天文館、壁際のあれこれ、もしくは壁自体のスナップ。リコーGXR、フルカラー。

 

 

100606_gx_002 

against the wall | camera: RICOH GXR / GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
background music: ERIC DOLPHY "Eric Dolphy In Europe, vol.3" (1965)
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

**********

どこにも売ってなくて、中古では2万円ほどの値が付いているので
前々から欲しかったけどずっとあきらめていた写真集が
今日何気なく立ち寄ったVILLAGE VANGUARDに売っていた。
一瞬見間違いかと思って人生初めての二度見をしてしまった。
森山大道の「サン・ルゥへの手紙」。写真はもちろん最高でした。
今日は写真もいっぱい撮れて、いい一日だった。

**********

notice: 他の記事は、下の"<<記事名" "Recent Posts","Categories"よりご覧ください。
blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

|

100605_cs_001

白と黒。そのグラデーションだけで描かれる世界。ペンタックスK-7 w/カラースコパー20mm。

 

100605_cs_002 

life in monochrome | camera: PENTAX K-7 / Voigtlander Color Skopar 20mm F3.5 SLII Aspherical
background music: JACK JOHNSON "In Between Dreams" (2005)
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

**********

昨日観た「金スマ」でのキマグレンのアコギ一本弾き語りが意外と良かった。
今まで夏のドライブ中に聴くのは、SADE、Leyona、1枚目のNorah Jones
あとはJack Johnsonというのがお決まりだったけど、キマグレンも良いかも。

**********

notice: 他の記事は下の"<<記事名" "Recent Posts","Categories"よりご覧ください。
blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

| | Comments (0)

100604_cs_001

これもまた写真。ペンタックスK-7とカラースコパー20mm。フルカラー、カメラ内現像。

 

100604_cs_002 

(right back to my) same girl | camera: PENTAX K-7 / Voigtlander Color Skopar 20mm F3.5 SLII Aspherical
background music: JACK JOHNSON "Sleep Through The Static" (2008)
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

**********

Ari Marcopoulos "Even the President of the United States sometimes has got to stand naked"
痛々しい被写体や生々しい描写もあり、ある意味今風だが、時折不意に表れる美しさにハッとする。
アリ・マルコポロスや塩田正幸氏の写真は、僕には撮れない写真ですごく憧れてしまう。
塩田正幸氏のまとまったページ数の写真集をどなたか一般流通で出してくれませんかねぇ。

**********

notice: 他の記事は下の"<<記事名" "Recent Posts","Categories"よりご覧ください。
blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

| | Comments (0)

100603_gx_001

リコーGXR、モノクロームで鹿児島市を望む。GXRはうまく付き合えば自由自在なカメラだ。

 

100603_gx_002

 

 

100603_gx_003   

投稿200回突破記念 | camera: RICOH GXR / GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
background music: ERIC DOLPHY "Eric Dolphy In Europe, vol.1" (1965)
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

   

**********

おかげさまで投稿数が200回目となりました。
このブログに何度か訪れていただいている方にはこの場をお借りして御礼を申し上げます。
また初訪問の方にも再度来ていただけるような写真を掲載できるよう精進したいと思います。

といいながら、僕の写真を良いと思って頂いている方が果たしてどれだけいるのだろう。
僕の写真はキレイでも美しくもない写真なので、一般受けしないことは重々承知している。
でもたとえ一人でも、たとえ一枚でも、誰かに良いと思ってもらえる写真が撮れれば
僕にとっては何よりそれが一番の幸せだ。

**********

notice: 他の記事は、下の"<<記事名" "Recent Posts","Categories"よりご覧ください。
blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

| | Comments (0) | TrackBack (0)

100531_gx_001

たまには濃厚な発色で。リコーGXR。鹿児島北埠頭、桜島のある風景。

 

100531_gx_002 

dolphin port #02 | camera: RICOH GXR / GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
background music: MILES DAVIS "More Cookin' At The Plugged Nickel" (1965)
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

 
 

**********

なんだかんだで一番好きなジャズ・アルバムは、マイルス・デイヴィスのプラグド・ニッケル盤。
ジャズ初心者にも聴きやすく、フリーを聴いてきた耳にも楽しめる。
トニー・ウィリアムスの「ドシャバシャ」ドラムが熱い。

notice: 他の記事は、下の"<<記事名" "Recent Posts","Categories"よりご覧ください。

blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

| | Comments (0) | TrackBack (0)

100601_ht_01

 

 

100601_ht_02

 

 

100601_ht_03

 

 

100601_ht_04 

**toy camera** | camera: X04HT / F2.8 AUTO FOCUS 3.2 MEGA PIXELS
background music: ERIC DOLPHY "In Europe, vol.2" (1965)
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

 
 

**********

今まで使う気にもならなかった携帯電話のカメラ機能だが
意外と撮ってみたら面白い。メーカーは意図していないだろうが
トイカメラとはまた違った独特な(変な?)発色をする。
露出のコントロールはかなり難しいけど広角気味で楽しい。

notice: 他の記事は、下の"<<記事名" "Recent Posts","Categories"よりご覧ください。

blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

| | Comments (0) | TrackBack (0)

100601_gx_001

雨、夕暮れ、モノクローム。リコーGXR。写真に気分を閉じ込めることなどできるのだろうか。

 

100601_gx_002

 

 

100601_gx_003   

my ever changing moods | camera: RICOH GXR / GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
archives: This Is Our Music** [ categories + archives ]

 
 

**********

感情移入したくなるのが写真なら、感情移入を許さないのもまた写真である。
撮るときには感情を入れていなくても、それを選ぶときに感情が入ったり。
写真における叙情性とは何だ?

notice: 他の記事は、下の"<<記事名" "Recent Posts","Categories"よりご覧ください。

blog ranking: 皆様の1クリックが励みになります。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

Archivelink02

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2010 | Main | July 2010 »