« Three steps in the right direction #03 | Main | February song #01 »

110219_dg_010

石鹸の香りのする町。ペンタックスK-7、リバーサルフィルム・モード、ノーレタッチ。

In my solitude (with gloom ev'rywhere) #03 | camera: PENTAX K-7 / Carl Zeiss Distagon T*2.8/25 ZK
archives: This is our music** [ categories ] / This is our music** [ portfolio ]
book: JUERGEN TELLER "MARC JACOBS ADVERTISING 1998-2009"
my bookshelf (favorites):
http://booklog.jp/users/thisisourmusic

   

  

その写真を撮ろうと思うとき、何に反応しているのか自分でもわからないことがよくあるが

こんな僕でも一応色のきれいなものに反応しているんだということがわかった。

だから結局、色に振り回されるのが嫌だとしても、カラーから逃げるわけにはいかない。

エグルストンに限らず、例えばヨーガン・テラーであっても

写真自体の面白さや構図云々以前に、とらえられた色そのものがまず美しい。

今の世の中、写真は何もしなければ当然にカラー写真だが

そうではなく、カラー写真を主体的に「選択する」ということ。

ヨーガン・テラーの写真集を観て、改めていろいろと考えさせられた。

  

|

« Three steps in the right direction #03 | Main | February song #01 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Three steps in the right direction #03 | Main | February song #01 »