« December 2011 | Main | February 2012 »

22 posts from January 2012

120129_gx_020

120129_gx_022
patterns | RICOH GXR / GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO / full color**

いつも彩度低めで撮っているので、たまにはということで彩度高め(彩度4)にしてみた。
といっても、コクを出しつつケバくならないようできる限りの調整(個別色設定・WB調整)は行なった。
結果としては概ね気に入っているが、たまに色の出方がキツくなる場合がある。
カラーはカラーでなかなか奥が深いし難しい。。

| | Comments (0)

120129_gx_034

120129_gx_037_2

120129_gx_041
sundown and hightide | RICOH GXR / GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO / full color**

今日は久しぶりの逆光写真。何故惹かれるのかわからないが、逆光への偏愛が昔からある。
ある映像撮影のプロジェクトに関与していて、そこで僕の逆光趣味を全面に出してしまった。
こいつは逆光逆光うるさいなと周りのプロの方々には思われたに違いない。
人は何故逆光に惹かれるのだろうか。個人的には何故かノスタルジックな感情に近い気がしているが
その理由もわからないまま今日に至る。

| | Comments (2)

120128_gx_002

120128_gx_003

120128_gx_004

120128_gx_008
untitled pictures (gray) | RICOH GXR / GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO / color**

今日は久しぶりに50mmユニットを持ち出してみた。やっぱり50mmも楽しい。
一方、本屋で立ち読みしたGRD4のムック本。これを読んでしまうと結局欲しくなってしまう。
良い写真というのは機材じゃないんだと、この手の本を読むと毎回思わされる。
しかしながら、よりよい機材の方が、より良い写真が撮れるんだという幻想は消えない。

| | Comments (2)

120122_d3_006

120122_d3_008

120122_d3_016
untitled pictures (blue) | PENTAX K-7 / Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZK / color**

日没直前、ISO 800で撮影。暗くなって人影も消えた公園の切ない感じが嫌いじゃない。
そもそも子供が生まれて以降、夕方の公園ばっかり撮っている気がする。
出かけるときは大抵散歩ばかりで、街撮りの機会は大きく減少してしまった。
でもそれも良いか。

| | Comments (2)

120121_d3_012_2

120121_d3_003
untitled pictures (gold) | PENTAX K-7 / Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZK / color**

DP2xとGRD4というのはなかなか高度な判断を要する選択肢である。
別に買うことが決まっているわけではないが、どちらの満足度が高いのか。
画質、描写の違い、操作性、撮影スタイル、携帯性、カスタマイズの自由度。
どちらも一長一短、向き不向きがあるので、今の機材を踏まえて最適な答えを導き出し
挙句の果てに、買わない。

| | Comments (2)

110514_28_018

110718_28_003

110212_28_033
untitled pictures | RICOH GXR / GR LENS A12 28mm F2.5

エグルストンのCHROMESがやっと届いた。
1冊だけでも十分お腹いっぱい。
まだ残り2冊もある幸せを感じながら今日はこれまで。

| | Comments (0)

120122_d3_011

120122_d3_012

120122_d3_005
man on the moon | PENTAX K-7 / Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZK / full color**

ロケットのある公園。気が付けば日も暮れて、お腹がすいたと娘が泣き出した。

| | Comments (1)

120121_d3_001

120121_d3_024
figure 8 | PENTAX K-7 / Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZK / full color**

前回のブログで寝返りはまだと言っていた矢先に今日寝返った。
といっても母親が90度以上傾けてからだけど。

| | Comments (0)

120120_d3_001

120120_d3_002
either/or | PENTAX K-7 / Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZK

無事に赤ちゃんが生まれてきてくれたことに感謝しないといけない。
いつの間にか歯も生えてきて、でもまだ寝返りはしない。
数か月前に撮った動画を見てみた。今とはまるで違う。面影だけは同じ。
ちょっとした間にもすくすくと育っているのだと改めて驚いている。

| | Comments (0)

110212_28_021

110212_28_030

111231_28_050
free noise among us (anybody) | RICOH GXR / GR LENS A12 28mm F2.5 / monochrome**

小物・バッグなど、昔から「これいいな」と思ったものは、大抵よく見ると「MADE IN ITALY」と書いていることが多かった。
それは今でも変わらないが、最近は逆に「イタリア製」と書いてあると何でもよく見えてしまう逆転現象に悩まされている。

| | Comments (0)

120102_28_011

120102_28_015

111231_28_047
reflections | RICOH GXR / GR LENS A12 28mm F2.5 / monochrome**

デジタル全盛のこの時代に、デジカメであえてモノクロ設定で撮る理由は何だろう。
カラーで撮っておいて、後でモノクロに変換する方が実際は好みのモノクロが作れるわけで。
僕の場合、はっきり言って「気分」でしかない。何かモノクロで撮りたい気分であったから。
でもモノクロだけで撮るということは僕にはできない。この中途半端な姿勢がいけないのか。

| | Comments (2)

111120_d3_006

111120_d3_033
windowpain | PENTAX K-7 / Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZK / full color**

君が気づく頃、僕はもうここに居ない。

| | Comments (0)

120105_28_001_2

101123_28_030_2

120102_28_005

free noise among us (nobody) | RICOH GXR / GR LENS A12 28mm F2.5 / monochrome**

いろいろとストレスが多い。ほとんど仕事に関するものではあるが。
人はもはやストレスを避けて生きていくことなど不可能なのだろうか。
人間から完全にストレスを取り去ると、まともに生きていけなくなるという話もあるが
しかし心安らかに、悩み苦しみの一切ない、ただただ楽しい毎日というのも良いもんだ。
そんなストレス状態からの脱却意識からか、今日靴磨きの楽しさに目覚めた。

| | Comments (0)

111204_gx_002

111127_gx_008

Trees outside the academy | RICOH GXR / GR LENS A12 28mm F2.5 / full color**

最近パソコンの調子が悪い。プリンタも4年目で壊れた。
消費社会の成れの果てか、家電品の耐用年数が短くて嫌になる。
かばんや小物など革製品が好きだが、大事に使えばいくらでも長く使えるという信頼と愛着がある。
一方家電製品に愛着なんて、今の時代に持ってはいけないのだろう。
今僕が使っているカメラは揃いも揃ってデジタル家電だが、あと何年の付き合いになるのだろうか。

| | Comments (2)

120102_28_016

120109_28_009

120102_28_001

running (through the night)
| RICOH GXR / GR LENS A12 28mm F2.5 / monochrome**

amazonで予約していた写真集。ほかのショップで販売されているのを尻目に呑気に構えているうちに
そのショップでも完売となり、予約しているからいいやと思っていたら「入荷不能につきキャンセル」の連絡が来る。
そして他の出品者は、その本に倍以上の価格を付けて売っている。

このパターンは今回で二度目。ましてや今回欲しかったのは25,000円以上するWilliam Egglestonの「CHROMES」という写真集。
もはや国内での入手は難しく、慌てて海外のamazonでギリギリ残り1冊を注文できた。
アマゾンはとても便利だけど、洋書の予約に関しては気を付けたほうが良い。。

| | Comments (0)

111231_28_040

111231_28_041

river | RICOH GXR / GR LENS A12 28mm F2.5 / full color**

鹿児島市内どこからでも見える桜島。何度も見たけど、正確な形を思い出すことはできない。
鹿児島での暮らしも合計で15年になろうか。いまだに道がわからないことも多い。
かみさんとの暮らしも5年を過ぎた。かみさんのことを僕はどれだけ知っているというのか。

| | Comments (0)

120109_28_005

120109_28_006

blossom | RICOH GXR / GR LENS A12 28mm F2.5 / full color**

ひと足早い桜を。こうやって、季節はめぐる。宮崎にて。
トラックバック企画「はじまり」参加。

| | Comments (2)

111231_28_010

111231_28_017

111231_28_018

world's end supernova #02 | RICOH GXR / GR LENS A12 28mm F2.5 / full color**

「残心」という概念に触れたのは、弓道をやっていたかみさんに教えられたのが最初だった。
以来、その言葉の響きのカッコよさだけで、常に何となく心のどこかに引っかかっていた。
残心とは、技の後の動作、所作、体の残し方、余韻、気を抜かないこと等々、心身の有り様をいう。
武芸・武術だけに関係する言葉だと思っていたが、よく考えれば写真撮影にこそ残心が大切だ。
そういえば気分が乗っているときの写真撮影では、僕も無意識にこの残心に気を使っている。
と思ったがよくよく考えれば、単に写真家気取ってカッコつけてシャッター切った後に
一人余韻に浸っているだけのことだった。
でも、残心に気を配ることで少なくとも手ブレリスクは数段低減されるだろう。

| | Comments (0)

120102_28_008

120102_28_009

120102_28_010

recycled air | RICOH GXR / GR LENS A12 28mm F2.5 / full color**

正月は毎年照国神社に初詣に行っている。今年は一人メンバーが増えた。
気分一新、仕事も写真も、今までよりもう一段、いや二段はレベルアップを目指したい。
そういえば去年のおみくじは「凶」だった。今年は「大吉」だが、早々に痔が悪化してきた。

| | Comments (0)

111231_28_039

111231_28_033

There's never enough time | RICOH GXR / GR LENS A12 28mm F2.5 / full color**

普段行ったことのない場所を、通ったことのない道を、歩いてみようと思わせるのが写真だ。
普段上なんて見上げたことのない僕が、花なんて興味もなかった僕が、カメラを手にして以降一変するのだから、写真ってつくづく面白い。

| | Comments (0)

111231_28_030

111231_28_038

On green dolphin street | RICOH GXR / GR LENS A12 28mm F2.5 / color**

正月から載せる写真ではない気もするが。
28mmユニットの写りが気に入っている。

| | Comments (0)

111231_28_003

111223_28_002

111223_28_009

how to go | RICOH GXR / GR LENS A12 28mm F2.5 / color**

新しい年は親バカ写真で幕開け。今年はいろいろと変革の年になりそうだ。
と毎年考えているが今年ばかりは娘が生まれたこともあり、さすがにこれまでどおりというわけにはいかない。
今年も写真を撮れる幸せと、当たり前のように迎える毎日のありがたみをかみしめながら生きていきたい。

| | Comments (2)

« December 2011 | Main | February 2012 »