« windowpain | Main | free noise among us (anybody) »

120102_28_011

120102_28_015

111231_28_047
reflections | RICOH GXR / GR LENS A12 28mm F2.5 / monochrome**

デジタル全盛のこの時代に、デジカメであえてモノクロ設定で撮る理由は何だろう。
カラーで撮っておいて、後でモノクロに変換する方が実際は好みのモノクロが作れるわけで。
僕の場合、はっきり言って「気分」でしかない。何かモノクロで撮りたい気分であったから。
でもモノクロだけで撮るということは僕にはできない。この中途半端な姿勢がいけないのか。

|

« windowpain | Main | free noise among us (anybody) »

Comments

かわたつさん
フィルム時代は、暗室でのプリントから逆算して、撮影時点で仕上がりをイメージ出来ました。
デジカメにすると、後でカラーか白黒を選択すればよいという理由から、多くの人が仕上がりを予想しなくなりました。
これはマズイ・・・と私も思ったわけですが、もともと今のベイヤー方式ではRBGGと、Gが一つ多く、三層式のフィルムに比べてRとBの表現が足りません。
この前、テスト撮影でKiss4で白黒変換してみましたが、少しアンダーになっただけで粘りがなくなりました。

http://photohito.com/photo/1588889/

ですので、ベイヤー機では白黒を避けて、カラー中心でされた方がいいと思います。
Foveonの場合、白黒で撮りたい時はカラーフィルターを付け、カラーで撮影したい時は外せばいいと思いますよ。

>この中途半端な姿勢がいけないのか。

後処理頼みが問題です。
現場で出来る事は現場でやりましょう。
結果的にパソコンとにらめっこする時間が減りますから。

Posted by: mt.sakurajima1117 | January 16, 2012 at 21:56

いろいろとためになる情報ありがとうございます! 大いに刺激になります^^

デジカメだと、ディスプレイを見れば仕上がりが一目瞭然ですので
そんなに深くああしたいこうしたいとは思わずに、ただただその結果を受け入れるしかありません。
それが楽でも便利でもあり、一方で物足りないところなのかもしれませんね。

モノクロは、色がない分、初めは簡単かと思ってしまいがちですが、いろいろと奥が深いですね。
私ももっといろいろ写真を勉強しないといけないですね^^

因みに、上記ブログの文章が簡潔すぎて誤解を招く表現となってしまっておりますが
私はカラーから白黒への変換やレタッチなど、画像の後処理は基本まったく行わず、JPEG一発撮りです。
お恥ずかしい話ですが、RAW現像やカラーフィルタによるモノクロ表現などにはまだ進めていません。
単純に僕が面倒くさがりなだけですが、いつまでもそんなことでは成長がないなぁと反省しています。。

Posted by: かわたつ | January 16, 2012 at 23:17

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« windowpain | Main | free noise among us (anybody) »