« untitled pictures (gold) | Main | untitled pictures (gray) »

120122_d3_006

120122_d3_008

120122_d3_016
untitled pictures (blue) | PENTAX K-7 / Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZK / color**

日没直前、ISO 800で撮影。暗くなって人影も消えた公園の切ない感じが嫌いじゃない。
そもそも子供が生まれて以降、夕方の公園ばっかり撮っている気がする。
出かけるときは大抵散歩ばかりで、街撮りの機会は大きく減少してしまった。
でもそれも良いか。

|

« untitled pictures (gold) | Main | untitled pictures (gray) »

Comments

街撮りは難しいでしょうけど また今新たな世界が広がっていきますよ
私はやっと 自由にひとりで撮りに行けるようになりました
でも2か月に1度とかしか ひとりでは出れませんが・・・
子供と一緒に居る時間が当たり前・・・なのは 思ってるよりも
随分短いかもですよ

それとね
子供の顔ってすぐ変わっていきます
顔だけじゃなくて その行動もだし いろんなことやってくれますよね
それって 私たち親でありながら どうしても忘れてしまうんですよね
絶対覚えておく って思っても 次々起こる毎日の出来事の積み重ねで
今が全て になってきます
赤ちゃんの頃の顔だって忘れてしまいます
2才の頃の顔だってすぐ忘れちゃいます 
覚えてると思ってるものは その時に撮った写真をのちのち
何度も見てそれをインプットしてるだけなんです
浮かんでくるのは写真に写ってる顏 って感じになっていきます
だから 今はもちろん これでもかってくらいに撮ってると思いますが
ちょっと大きくなっても お子さんの写真 ちょっとした瞬間とか
撮り続けてください
また来年 似たような風景を見ることはあるかもしれませんが
子供の一瞬は2度と戻ってきません

Posted by: 奈月 | January 27, 2012 at 12:37

貴重なお言葉の数々、本当にありがとうございます。
たしかにこの数箇月だけでも、顔も体もだいぶ変わってきました。写真を見返すと、そういえばこんなだったなと驚いてみたり。。
本当におっしゃるとおりで、生まれてきた時の顔の記憶は、写真を何回も見直すことで刻み込まれた記憶です。
いろいろ見透かされているようで、驚いています^^

子供の一瞬一瞬は、二度と戻ってこない。ほんとそうですよね。
なんか自分が写真をやっている意味を、その価値を、初めて客観的に見いだせたような気もします。
矢のように過ぎ去り、はかなく消えていく一瞬一瞬を、それにまつわる思い出を、現在につなぎ止め、未来に残していく。
写真ってつくづく幸せな行為なのだと、改めて気づかされました。
そういえば最近ビデオの記録も少なくなってきています。悔いのないよう、記録に残していきます!

Posted by: かわたつ | January 27, 2012 at 22:02

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« untitled pictures (gold) | Main | untitled pictures (gray) »