« I'd be happy as the world turning around you #13 | Main | I'd be happy as the world turning around you #14 »

120930_sn_001

120930_sn_002

120930_sn_008

120930_sn_010

stockholm syndrome #13

Wednesday, 03 October 2012
Carl Zeiss C Sonnar T* 1.5/50 ZM
Ricoh GXR mount A12

広角がいいと思っていたが、久しぶりにSonnar50mmを試すと、やっぱりいい。。
GXRのEVFなら被写界深度が浅い方が圧倒的にピントが合わせやすく

ボケ味の良さも手伝って、何だか撮っていて気分が良い。
やっぱりSonnarは素晴らしい。
最近使ってないBiogon35mmでも今度使ってみよう。

|

« I'd be happy as the world turning around you #13 | Main | I'd be happy as the world turning around you #14 »

Comments

初めてコメントさせて頂きます。

最近GXRを購入し、まずはズミクロンオマージュレンズのノクトン35㎜F1.4VMを購入しました。その後中望遠域を導入しようと思っており、いろいろ物色している内に御ブログを拝見いたしました。
とてもセンスの良い写真が沢山載っていてレンズの描写等見るのに大変参考になります。

特にゾナー・・・
当初はプラナー50mmF2を候補に挙げておりほぼほぼ決まりかけていたのですがゾナーというレンズにも魅かれて(気になって)しまっているのが現状です・・・

実は私も以前ペンタックスデジ一でプラナーF1.4を使用していてその描写の素晴らしさは体感しております。
だからこそゾナーが気になるところでして^^;

草木等を背景に撮影するとき等、二線ボケは盛大にでることはありますか?ピント合わせは良好みたいですね。
うーん・・・悩みます(悩んでいるときが一番楽しいのですが^^;)。

兎にも角にも素晴らしい写真をありがとうございます。これからもがんばって下さい。
ちょくちょく拝見させて頂きます^^長文失礼しましたm(_ _)m

Posted by: Achan | October 03, 2012 at 23:06

コメントありがとうございます。
GXRお使いなんですね! お仲間がいてうれしいです。しかもペンタックスユーザーでもいらしたようで^^
プラナーF1.4は、特に開放時の、被写体が薄い光のベールをまとったような描写が好きでした。

そのプラナーが繊細な描写だとしたら、ゾナーに関しては、力強い描写と言えるような気がします。
ゾナーの特徴を具に言語化できるほど使いこなしてもなければ知識もありませんが
ゾナーで撮った写真には何となく写真に「重さ」「質量」が乗っかるような感じがしています。

二線ボケは正直出るときは出ます。背景がざわつくときもありますが、僕は気になったことが一度もありません。
また開放1.5で撮ると、被写体との距離によっては輪郭がポヤっとすることも多いですが、同じく僕は気になりません。
もっとも私の場合、ノクトンクラシック35mmのグルグルボケすら味があって好みだったりするので
私の意見はほとんど当てにならないと思います。

悩んでいるときが一番楽しいですよね。
プラナーだろうがゾナーだろうが、どちらを買ってもきっと満足されると思います。
強いて言えば、ゾナーの方がほんの少しコンパクトなのと、F1.5をどう捉えるか、といったところでしょうか。
プラナーF2の描写も気になるところですが・・・ 
Achanさんが最終的にどちらを買われるのか、気になって仕方ありません^^

Posted by: かわたつ | October 04, 2012 at 21:30

情報ありがとうございます^^
ゾナーの描写所感とても参考になります。

にしてもゾナーの描写はやっぱりいいなぁ。。。かわたつさんのおっしゃる力強い描写という表現が的を得ていると思います。モノクロ写真もとても味があるし最近のお写真ではブログトップの運動会の写真がとても印象的です。初めて拝見したときもズーンと琴線を震わす感じがしました。(それで思わず書き込みをしてしまった次第^^;)

あとお写真の色使いもとても素敵です。色彩抑えているのでしょうか。とても好きな表現です。私はライトルームで現像しておりますが、自然な彩度を少しさげて、微妙にコントラスト加える感じで仕上げることが多いです。

娘さんとてもかわいいですね^^
自分の所も2歳の長男と4か月の長女がおります。娘さんのお写真も移り具合とか本当に参考になります。

今まではカリカリ描写とか、ジャスピンとかより良い?構図とか追いかけてレンズやカメラをチョイスしながら写真撮影を楽しんでおりましたが、なんか「枠にハマりすぎてる感」(なんつー「感」でしょう^^;)がでてきたので路線変更した次第です。ブログお写真の街中モノクロスナップ写真のブレ表現なんかは時間軸も表現できていると感じますし、写真は本当に奥深いですね^^

とにもかくにも、何とか不要なレンズとかを処分して資金を作り今月中にはゾナーかプラナーゲットに踏み切ろうと目論んでおります。
入手したらまた書き込みさせてください^^

Posted by: Achan | October 04, 2012 at 22:33

ぜひぜひ!どちらを選ばれたかお聞かせください^^
どちらのレンズも素晴らしいと思うので、今は楽しい「悩み期間」をご堪能ください。

写真は彩度を抑えてハイコントラスト設定で撮っています。
Achanさんと画作りの好みは近いのかもしれませんね。
因みに、私は面倒くさがりですので、写真は全てJPEG撮って出しです。
写真を愛する皆様からは邪道と罵られるかもしれませんが。。

シャープネス、ピントの合い方などは、私も一時期気にしておりましたが
それよりも、雰囲気や写っているものの方を重視した方が気分が良いですよね。
ブレていようがピンぼけだろうが、心を掴む良い写真というのは存在するわけで
その謎というか神秘を求めて写真を撮り続けたいと思ってみたりしました。

Posted by: かわたつ | October 04, 2012 at 22:50

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« I'd be happy as the world turning around you #13 | Main | I'd be happy as the world turning around you #14 »