« the garden of souls | Main | untitled photographs #01 »

130120_sn_018

oriole

Sunday, 20 January 2013
Carl Zeiss C Sonnar T* 1.5/50 ZM
Ricoh GXR mount A12

久々にSonnarで撮ってみたが、やっぱり楽しい。
Nokton classicの癖のある描写もノスタルジックでよいけど
こっちの方が素直で透明感のある写りをする。
レンズの好みなんて人それぞれだけど
考えてみれば写真の好みも人それぞれなので
どのレンズが良いだの悪いだのという評価は難しい。

|

« the garden of souls | Main | untitled photographs #01 »

Comments

明けましておめでとうございます。(あっ 喪中でした)
Sonnar良いですねー!
気付けばツァイスやライカのレンズで写した作品に魅かれていますね。
まあそんなお金無いんでPENTAX SPでフィルムにチャレンジしています笑

斎藤和義のライブ行きたかったなー 
何年か振りに紅白観たら斎藤さんが出てるのに驚愕??しました。
ギターストラップになにやらメッセージが。。。との話でした。

Posted by: たにぐち | January 22, 2013 at 21:03

たにぐちさんこんばんわ ^_^ 今年もよろしくお願いします。
斉藤和義もお好きなんですね!ライブ良かったですよ。やはり一人弾き語りは素晴らしいです。
ストラップの件は初耳ですので、あとで調べてみます!
ゾナーは高いだけあって、写りがしっかりしてます。。
でも写真を本当に楽しむなら、やっぱりフィルムだと思います。
私は腰が重くてフィルムに行けませんが、写真を楽しんでらっしゃるようで羨ましいです。

Posted by: かわたつ | January 22, 2013 at 22:41

こちらこそ今年もよろしくお願いします。
斎藤和義は巡り巡って永遠と聴いてますね。個人的な好みですが弾き語りの「何処へ行こう」が鳥肌ものでした。
ストラップの件は一部ネットで叩かれた感じですが。。。
やはりKマウントで触手を伸ばすよりMマウントに移行しようかな。。。
フィルムはペンタックスのSPなのですが露出なんて正直チンプンカンプンです。
ド素人の恐いもの知らずで楽しんでますよ(゚▽゚*)
かわたつさんの作品なら間違いなくフィルムにハマりそうですね!!
ちょっと腰の下に画鋲でも敷いておけば?笑 失礼しました。

Posted by: たにぐち | January 22, 2013 at 23:39

何処へ行こうは、終盤の指先から血が噴き出すんじゃないかという
激しいギターカッティングがとにもかくにもカッコ良いですよね!
この前のライブでも演ったと記憶していますが尿意の方が強かったので定かではありません。
Mマウントは機材がコンパクトになるのが最大の利点かと思います。
Mマウントとフィルムカメラは最高の組み合わせかもしれませんね( ´ ▽ ` )ノ
ただしうちの場合は、かみさんのプレッシャーという重いものがのしかかってきますので
腰の下の画鋲を血を噴き出す覚悟で踏み潰すしかありません。。痛い!

Posted by: かわたつ | January 23, 2013 at 12:34

はじめまして。hattivattiと申します。
50mmレンズ導入を検討してましてゾナーの検索で辿り着きました。
とても素敵な写真をお撮りですね~。
写真を拝見し、ゾナーがますます欲しくなりました^^
また寄らせていただきますので、どうぞよろしくお願いします。

Posted by: hattivatti | February 02, 2013 at 18:44

hattivattiさん、はじめまして。
ブログ拝見しましたが、hattivattiさんこそ素晴らしいお写真の数々で。。
しかもライカをお使いのようで、うらやましいことこの上ないです^^
写真の描く空気感というか透明感が素晴らしいですね。憧れます!
うちのGXRは使いすぎてボロボロになっちゃいましたが、家庭の事情で買換不可です。
Sonnar50mmは、使っていて一番気分良く撮れるレンズで、私も気に入っています。
とはいえhattivattiさんならどのレンズでもきっといい感じで使いこなされると思います。
私もちょくちょくブログ拝見して目の保養にさせていただきます^^
こちらこそよろしくお願いします。

Posted by: かわたつ | February 03, 2013 at 04:46

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« the garden of souls | Main | untitled photographs #01 »