« LIGHT, SLIDE, DUMMY #01 | Main | I'd be happy as the world turning around you #25 »

130608_gr_011

 

130608_gr_020

 

130608_gr_012

I'd be happy as the world turning around you #24

Saturday, 08 June 2013
RICOH GR (2013)

今日は久し振りに映画を観に行った。
去年から楽しみだったポール・トーマス・アンダーソン「ザ・マスター」。
館内には私たちのほかはわずか5名で、ちょっとした貸し切り状態。
皆さん「わかってて」観に来てる方々だろうから心配はしていないが
なかなか普通の人が観たら評価が微妙な映画だろう。
映像は濃密かつコクのある色味で、これを観てたら写真を撮りたくなった。

|

« LIGHT, SLIDE, DUMMY #01 | Main | I'd be happy as the world turning around you #25 »

Comments

初めまして。
久しぶりにブログを覗かせて頂きました。かわたつさんのセンス抜群の写真に感動し、設定等を真似していた頃の自分を思い出しました!
ここ数ヶ月まともに写真を撮っていなかったのですが、素敵な写真を拝見して再び写欲がふつふつと湧いてきました。
これから好きな写真家が誰かと問われたら迷わず「かわたつさん」と答させて頂きます笑

長くなりましたが、これからも素敵な写真を楽しみにしています(*^^*)

Posted by: あっきー | June 08, 2013 at 22:18

あっきーさん:
コメントありがとうございます。嬉しいお言葉の数々ではありますが、あっきーさんのお写真を拝見してしまうと
私なんかよりよっぽど素晴らしい作品の数々ではございませんか!
とても静かで、すべてがあるべきところに整然としてある感じです。デザイン系の何かをされていたりしますでしょうか?
数ヶ月もお写真から離れていたなんて勿体ないことです。是非とも写真を再開すべきだと思います^^
これからあっきーさんの新しい作品が増えることを期待しています!

Posted by: かわたつ | June 09, 2013 at 00:40

かわたつさんからそのようなお言葉を頂けると大変励みになります。嬉しいです(^-^) またカメラ持ち出してみます♪
デザインには興味がある程度の素人ですね(^^;;

あ、言いそびれました。HPのデザインはPortfolioを参考(丸パクリ?笑)に作り直しました。ブログを始め、デザイン面でも素敵だーと感じる部分が多々あり、密かに憧れております(*^^*)

話は変わりまして、GRでもかわたつさんの「色」がしっかりと表現されていますね。私はそのフィルムライクな色に魅了され吸い込まれた身でありまして、新型GR…大変興味があります。。。お金さえあれば笑

あと、エリオットスミス良いですよね♪ New Moonは聴いたことが無いので、今度聴いてみます(^-^)/

また長くなりました(^^;; では失礼します。

Posted by: あっきー | June 09, 2013 at 08:19

こんにちは。
かなーり以前に書き込みさせていただいた者です。いつもHP拝見しております。
「ザ・マスター」の記述があったんでつい反応しました。
私も1ヶ月程前に見たんですが、全てのシーンが強烈で見終わって正直疲れました(悪い意味でなく)。
序盤で、ホアキンの転がり込んだ船が夕暮れの中画面をゆっくり横切っていく画とか、ぐっと来ますね。
前作から続くジョニーグリーンウッドのサントラも見た直後にiTunesで買ってしまいました。
ああいう映画を見るとカメラ持って外に出たくなりますねー。

Posted by: yohiyo | June 09, 2013 at 09:51

あっきーさん:
是非ともカメラを持ち出してください。せっかくのセンスが勿体ないです^^
私はペンタックス(K-7)とリコーのカメラを使ってきましたが、いずれも画作りの自由度の高さがポイントでした。
新型GRは、K-7とこれまでのGRDの良さを合わせたようなカメラだと思っています。
(技術的には今回のGRはあくまでリコー主導で作ったもののようですが。)
エリオット・スミスお好きなんですね^^ New Moon良いですので機会があれば是非お買い求めください!

Posted by: かわたつ | June 09, 2013 at 11:30

yohiyoさん:
お久しぶりです。覚えております! コメントありがとうございます。
映画お好きなんですね! 本作も(いろんな意味で)印象的なシーンが多かったですね。濃密な映像で素晴らしかったと思います。
今回も長回しの素晴らしさを堪能しつつ、ご指摘の船の横切るシーンや、畑を逃げるシーン、バイクのシーン、船上の俯瞰のシーンなど
「横移動(または縦移動)」の描写でぐっと来ることが多かったです。
PTAの映画なので音楽の使い方は間違いのないところですが、今回も本当に素晴らしかったですね^^
ブギーナイツから比較すればだいぶ「成熟」の域に達したように見えますが、実は第1作「ハードエイト」の頃と本質は何も変わっていないように思います。
また時間を置いてもう一度観てみたいです。

Posted by: かわたつ | June 09, 2013 at 11:50

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« LIGHT, SLIDE, DUMMY #01 | Main | I'd be happy as the world turning around you #25 »