« river | Main | ビートルバーナー »

130720_gr_030

 

130720_gr_002

   

130720_gr_005

 

Fracture No.04

Saturday, 20 July 2013
RICOH GR (2013)

むむむ。またスランプってやつか?
理想と現実のギャップに無力感を覚えつつ、何だか心が動かない。

|

« river | Main | ビートルバーナー »

Comments

こんばんは。
暑いからでしょう。
秋になれば、また力が漲ってくると思います。
ムムムッ、お写真は夏のパワーに溢れていますよ。
ムムッ、な川平慈英でした。

Posted by: akira-ge | July 21, 2013 at 00:03

そうなんです! きっと夏バテなんです! ありがとうございます^^
今日も暑くて歩き回っている間に500mlのペットボトル2本飲み干しました。
熱中症対策の言葉に踊らされて塩分+糖分の過剰摂取が怖いです。。
akira-geさんも夏バテ等にはお気をつけください^^

Posted by: かわたつ | July 21, 2013 at 01:06

東京も蒸し暑いです!
日中の撮り歩きの疲労を想像するだけで、写欲減退です;;かといって夜スナップもしたいけどしていません(笑)
何かを求めて汗だくになって、自分は何をやってるんだろうか?と疑問になることもあります。本当に撮ること好きなのか?とまで、ふとよぎることが…

僕の好きな写真家のある言葉に
「被写体なんて探しても見つからない」
というのがあります。
「被写体を「探した」記憶はない。でもレセプションは常にオンのままだと思う。これは間違いなく。そして怒りや悲しみや喜びやいかなる感情の波の影響も受けない。オンのまま。そこにひっかかるか、否かというだけのことである。被写体はどこにでもあるとも言えるし、ないとも言える。大切なことは感じるか感じないかということでしかない。探そうとすれば見つからないし、感じるかどうかだけ。」
以上、写真家の言葉です。

感情の波を影響を受け付けないなんて。
確固たる軸があるんですね。
そういう写真を撮る方なんだと思います。
僕はどうしても感情の影響は受けるし、レセプションをオンのままには出来ていません(笑)

Posted by: yokosuke | July 21, 2013 at 10:04

yokosukeさん:
東京は鹿児島とは違う暑さなんでしょうね^^さすがにどんな写真家でも写欲減退は避けられないと思います。
こちらも今日はあまりに暑く、家族で外出していましたが早々に引き上げてきました^^

私の場合、はっきり言って被写体探しまくりです。この辺りが良い写真撮れそうだなと思ったら四方八方に眼をやります。
逆にこの辺は何も撮れそうにないなと思ったら完全にカメラを引っ込めます。
常にオンというのはしんどい気もしますし、感情の波に身を任せて写真を撮るのも悪くないと思います^^
でも確かに、これぞと思って撮った写真よりも、何となくいいなと思って撮った写真の方が良いということは多いです。
ニュートラルであることが大切だということは何となくわかります。でも一番は、深く考えすぎないことだと私は結論づけています^^

Posted by: かわたつ | July 21, 2013 at 17:16

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« river | Main | ビートルバーナー »