« bruised | Main | Fracture No.03 »

130715_gr_014

 

130715_gr_021

 

130714_gr_032

in between days

Tuesday, 16 July 2013
RICOH GR (2013)

カメラはどんな状況にあっても手にしていることに意義がある。
活動的な夏にこそ、コンパクトカメラが適している。
TB企画「ブルー」に参加してみるも、青と赤がテーマになってしまっている。

|

« bruised | Main | Fracture No.03 »

Comments

青、白、赤、3枚でトリコロールカラーになってますね。

リコーの色合い、ちょっとコダカラーに似ているような気がしてきました。

オークションでGXRのファインダーが複数出てます。ギリギリまで迷ってみます(^^;;

Posted by: rickywho | July 16, 2013 at 20:57

rickywhoさん:
さすが、鋭いご指摘です!
じつはこれらの写真はすべて「ポジフィルム調」というモードで撮りました。
コダクロームを意識して作られたモードとの話もあります。
すっかり気に入って、ほとんどこのモードで撮っています。
ファインダー、良い条件で入手できるといいですね。私も欲しいのですが、後回しになりそうです。。

Posted by: かわたつ | July 16, 2013 at 22:05

こんにちは
はじめまして
いつもブログを拝見しています

僕もGXRを愛用していまして、設定の追い込み方など参考にさせていただいています

Ricohのカメラの画にある澱のようなものが好きなのですが、自分の中でなかなかコントロールしきれず、近ごろ悶々としています
かわたつさんのお写真はカメラが変わってもブレないですよね、それにひきかえ自分は…と思うとちょっとブルーになったりも…

新しいGRも良さそうで、かわたつさんのブログを拝見する度に、物欲が刺激されてしまいます w

Posted by: taro | July 17, 2013 at 13:24

taroさん、はじめまして^^ コメントありがとうございます。

おっしゃる通り、澱みのような何かがありますね。特にGXRには顕著にそれがあるように思います。
リコー機の画は、少なくとも私にとっては、極めて写真的な画づくりだと感じていて、離れることができません。
たとえ機械が変わっても、撮ってる私の心の澱みは変わりませんので、写真も変わらないのかもしれません^^

taroさんのブログ拝見しました。お世辞抜きで爽やかで素敵なお写真ですね。透明感と清涼感が素晴らしいです。
なんてったって、あまりにも羨ましすぎる機材群! ズマロン、ズミルックス、しかもメリル機も2と3。。
私が欲しくても持てなかったものをすべてお持ちで羨ましい限りです^^
私の方こそ、これからもブログ拝見させていただきます。楽しみが一つ増えました^^

Posted by: かわたつ | July 17, 2013 at 20:34

かわたつさん、こんばんわ

ブログを見ていただいてありがとうございます
お褒めいただいて光栄です、というか恐縮です (^_^;

それにしても面白いです、これまで自分の写真を「透明感」や「清涼感」といったキーワードで褒めていただけるなんて思いもしなかったものですから…
ブログやっててよかったな…と嬉しいです

機材ですが、これまたお恥ずかしいです
カメラやレンズに凝っても、それで写真が上手くなるわけではないと重々承知しつつ…やっぱり欲しくなってしまうんですよね

とは言えそれほど高価なものは買えませんので、手持ちのレンズなどはフィルム時代に求めたものがほとんどです
ズマロンもズミルクスも何十年も前の1stですし、昨今の何十万もする現行品に比べれば、ごくごくお安く手に入れたものばかり
SIGMA DPばかり使っていた頃には埃を被っていたのですが、GXRと組み合わせてみたところ、思いがけずしっとりとした写りで嬉しくなってしまいました
特にモノクロのトーンにはっとすることが多いです

長々とごめんなさい
これからもかわたつさんのブログ楽しみにしております
(音楽ネタなども楽しみです)
何卒よろしくお願いします m(_ _)m

Posted by: taro | July 17, 2013 at 22:49

taroさん:
お写真、どれもきれいで、何と言うか凛とした空気感というか、適切な表現が見つかりませんが
あえて言うならば「汚いものが写っていない」お写真だと思います。
ついつい路上のゴミとかを撮ってしまう私とは違い、やはり透明感・清涼感といった言葉で表すべき何かが
お写真のそこかしこに張りつめているという感じです。
何十年も前のレンズだからこそのマジックもあるのでしょうか。いずれにせよ、羨ましいです^^
カメラやレンズは、やっぱりどうしたって欲しくなってしまいますよね。心の底から同意します。

私もtaroさんのブログ楽しみにしております。
今後も拝見したいので、誠に勝手ながらtaroさんのブログをリンクリストに加えさせていただきました。
不都合等ございましたらどうかご遠慮なくお申し付けください。
こちらこそ、よろしくお願いします!

Posted by: かわたつ | July 17, 2013 at 23:13

かわたつさん、こんばんわ

「汚いものが写っていない写真」という言葉に、自分でも驚くくらいドキッとしてしまいました

実は近ごろスランプというか、ついつい手癖で小奇麗に撮ってしまっていること、
そしてなかなか自分でそれを変えていけないことにフラストレーションが溜まってたのです

なんだかそれをビシッと言葉にしてもらった気がして、ちょっとうろたえてしまいました w

訳の分からない勝手な反応をしてしまって申し訳ありません
きっとかわたつさんはそういう意味で言ってくださったのではないと思いますが、自分の中であまりにハマってしまって…
ほんとにありがとうございます (^_^;

リンクに関してですが、僕のブログでよければぜひ加えてやってください
励みになります m(_ _)m

Posted by: taro | July 18, 2013 at 19:25

taroさん、こんばんわ。
リンクの件ありがとうございます^^ これからも楽しみに拝見します。

私は、手癖で小綺麗に撮ることは立派な才能だと思います。
せっかく残す写真ですから、綺麗な物、美しい景色の方がいいに決まっています^^
私もしょっちゅうスランプに陥っていますが、結局いつもと変わらない写真を撮り続けて今に至ります。
趣味で楽しく写真が撮れれば、それで十分幸せなことだと思います。
スランプもまた、写真行為の醍醐味の一つですので、これからも撮影を楽しみましょう^^

Posted by: かわたつ | July 18, 2013 at 20:29

ほんとにそうですね (^_^
ただこういうときほど新しい機材が気になってしまい、キケンです
もちろんそんなお金はないのですが… w

お身体の具合はいかがですか?
僕にも経験ありますがネットで調べるといろんな情報があって、よけいにしんどくなってしまいますよね
不安のうち9割は実現しないという言葉もありますし、あまり気になさらずにご自愛ください

ほんとうにくどくどと書き込んでしまい、申し訳ありません
今後ともよろしくお願いします m(_ _)m


Posted by: taro | July 18, 2013 at 21:01

いえいえ、むしろコメントいただけるのは嬉しいです。またいろいろお気遣いいただきありがたい限りです^^
私はかなりのビビリ症ですので、ネットは見ない方が幸せな気がしてきました。
しょっちゅう体調悪いと言っていますので、家庭内ではもはやオオカミ少年化しております。。

ライカのレンズにGXR、だけでも十分立派な羨ましい機材だと思います。
次を待つとしたらMマウントが使えるフルサイズのカメラでしょうか^^
個人的にはリコー機でそれを実現してほしいのですが。。(買えるかどうかは別として)

Posted by: かわたつ | July 18, 2013 at 21:10

かわたつさん、やっぱり意識して3色写真にされたんですね。さすがです。
GRのポジフィルム調ですか。良い感じですね。コダカラーを彷彿とさせますよ。
GXRにあるか捜してみます。
といっても今は全部モノクロで撮ってますが・・・

ファインダー入札してみました。まだ落札出来るかどうかわかりませんが、かわたつさんの言う、被写体との対峙をしてみたいという気になりました。
といっても人物スナップはほとんどノーファインダーで撮ってますが・・・ 
ファインダー、使いこなせるんでしょうか?

Posted by: rikcywho | July 18, 2013 at 23:13

rickywhoさん:
GXRには「ポジフィルム調モード」そのものはないですが、GRにはない個別色設定ができますので
設定次第でコダカラーっぽくできると思います。
なぜGRでは個別色設定ができなくなったのかわかりませんが、需要のない機能だったのでしょうか。。

ファインダー、良い条件で落札できるといいですね。
rickywhoさんは裸眼でしょうか? 裸眼でしたらファインダーが眼の一部になりやすいと思います。
私は眼鏡ですので、ファインダーにカチカチ当たってレンズに傷がつきそうで、ファインダーとの距離感が難しいです。。
もっとも、純正のVF-2なら、接眼部にラバーがついていますので、たとえ眼鏡であってもカチカチ問題は生じません。
慣れるまではしっくりこないと思いますが、慣れるとファインダーなしでは物足りなくなると思います^^
ファインダー内の拡大表示の使いこなしがポイントになろうかと思います。
私も裸眼だったら、もっとファインダー撮影に入り込めるのにと、とても歯がゆい思いをしております。。

Posted by: かわたつ | July 18, 2013 at 23:45

かわたつさん、私は眼鏡かけてます。コンタクトでは近眼+乱視+やや老眼の自分の眼を矯正出来ません。
GXRのファインダーは確かにアイカップついてるので、眼鏡でもいいかもですが、結構後ろに出っ張るみたいなので、ノーファインダー撮影時にはボディが下向いてやりにくいかもというところが悩ましいのですが、私の後に入札はなく、このままいけば落札しそうです。

GXRの個別色設定、どうしたらコダカラーになるもんですかね。難しいなあ。
この難しさが、この機能がGRにはなくなった理由じゃないでしょうか。

Posted by: rickywho | July 19, 2013 at 21:43

rickywhoさん:
私と同様、眼鏡ご着用なんですね。。であれば、VF-2を選択されて正解だと思います。
VF-2はファインダーが90度のチルト機構ですので後ろの出っ張りは幾分問題なくなると思いますが
このチルト機構が厄介で、抵抗が弱いのでぶら下げている間によく動きます。。
あと、私は鞄に突っ込んでいる間にこのチルト機構が壊れてファインダーが90度開いたまま元に戻らなくなってしまいました。

コダカラーの特徴をもしお聞かせいただければ、近い設定をご案内できるかもしれません。
私はよく特徴を知りませんが、例えば以下の設定である程度近づいたりしませんでしょうか?
①画像設定でコントラスト高め(お好みで)
②彩度を3あたりに下げる(やはりお好みで)
③個別色設定で例えば赤と青の彩度を上げてみる。また、好みにより緑を下げる。
④ホワイトバランス補正でA:5、G:3あたりに設定。(好みで調整)
あとは撮りながら気になるところを微調整。
私が実際に試してみればいいのですが、今の夜の室内では色の出方がわかりません。。

的外れの設定となるかもしれませんが、試す分にはタダですので、もし気が向いたらお試しください^^

Posted by: かわたつ | July 19, 2013 at 23:13

かわたつさん、やはりチルトの造りがヤワなところがあるんですね。扱いが少し神経質になりますね。
今迄見たいに無造作にカバンに入れることは出来なくなりそうです。

コダカラーの特徴というか、他の方のアップされた画像からなんとなく印象があっただけなので、どこがどうと言われると表現しがたい部分があります。
せっかくご提案頂いたので、次回やってみたいと思います。ありがとうございます。

Posted by: rickwho | July 20, 2013 at 11:26

私の場合、さんざん無造作に鞄に入れ続けた末に壊れましたので、よほどのことが無い限り大丈夫だとは思います。
上記設定はあくまでたたき台というか、実際に撮ってみて、レンズ独自の色味もあると思いますので、適宜調整が必要という前提です。
カラスコの場合、Kマウントでは黄色っぽいコクのある柔らかな色味が特徴だったように思います。
私の場合、これ以上似たようなレンズを買うことはできませんので、カラスコの良さを味わうことはできなくなりました^^

Posted by: かわたつ | July 20, 2013 at 18:17

かわたつさん、GXRはしばらくモノクロほぼ専用で使ってましたので、上記設定で試してみます。

カラスコは所詮というか、開放F4のレンズなので、ほぼ絞ってパンフォーカスのスナップ専用になってます。口径の大きなレンズが欲しいですが、ファインダーを落札したので、もう自分には当分予算がありません。(SACDプレーヤー無理です)
レンズはプアマンズライカ、プアマンズツアイスで、オーディオはレコードで楽しみたいと思います。

Posted by: rickywho | July 21, 2013 at 00:03

rickywhoさん:
ファインダー落札されたのですね^^ SACDプレーヤーが先延ばしになり申し訳ないというか何といいますか。。
しかしながら、オーディオはレコードが一番、ファインダーは撮影に何かしらの影響を与え良い刺激になると思います^^
カラースコパーとてもいいレンズだと思います。これからのお写真も楽しみにしています。

Posted by: かわたつ | July 21, 2013 at 01:14

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« bruised | Main | Fracture No.03 »