« untitled photographs #41 | Main | untitled photographs #42 »

130809_gr_037

 

130809_gr_006

 

130809_gr_008

スプートニク #02

Wednesday, 14 August 2013
RICOH GR (2013)

自分が惹かれる写真について、どこが良いのか全てを説明できない。
理屈でなく感覚的に良いと思う一方、自分が惹かれる明確な理由もあるはずで
それは単純に色味とか被写体とか構図とかだけで説明できるものでもない。

|

« untitled photographs #41 | Main | untitled photographs #42 »

Comments

その感覚わかる気がします。
学生時代に友人に連れて行ってもらった
とある『超大物』写真家の展示会。

感動する彼らの前で
全く感動のない自分がいて。

感性って何だろうって
いつも思います。

Posted by: gwblue | August 16, 2013 at 00:07

「写真」の部分を「人」に置き換えて読んでみました。
かわたつさんのおっしゃってることは、もうそういう次元のことなんじゃないかと思いました!
すべてはなかなか説明出来ませんよね(笑)
言葉を写真に戻しまして。それでもなお写真をよく観察し、惹かれる部分とそうでない部分を深く掘り下げ、「自分を知る」・「相手(対象)を知る」ということでしょうか。本質に迫ることは一筋縄ではいかないです(笑)

Posted by: yokosuke | August 20, 2013 at 15:44

gwblueさん、こんばんわ^^
諸事情あってコメントが遅くなってしまいました。。
感性ほどよくわからないものはありませんね。
何と言っても、人と共有できそうでできないですから。
いろんな感覚の積み重ねだと単純に言うことも難しく。。
でも感性でしか、物事の最終判断ができない気がします。

Posted by: かわたつ | August 20, 2013 at 19:09

yokosukeさん、こんばんわ^^
たしかに、人に置き換えても同じことが言えそうですね!
yokosukeさんのおっしゃる通り、本質には簡単には迫れないからこそ
物事の奥深さを知り、また探究心と好奇心に支えられて
何事も楽しめるのかもしれません。
そういえば私はかみさんのどこに惹かれたのでしょうか。
かみさんは私のことをタイプではないと言います。

Posted by: かわたつ | August 20, 2013 at 19:13

こんばんわ^ ^
探究心と好奇心。僕も欲しいです!
えー!!タイプではないと!?かわたつさん、笑ってしまいました(笑)
いや〜奥が深いですね〜

Posted by: yokosuke | August 20, 2013 at 20:32

考えてみれば、夫婦ほど不思議なものもないような気もします。
タイプど真ん中じゃないくらいの距離感がちょうど良いかもしれません。。
なんで一緒になったのか、今となっては不思議な感じですが^^

Posted by: かわたつ | August 20, 2013 at 21:46

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« untitled photographs #41 | Main | untitled photographs #42 »