« B sides and outtakes #02 (common ground) | Main | B sides and outtakes #04 (the wall) »

130713_gr_061

   

130720_gr_007

   

130720_gr_027

B sides and outtakes #03 (one way)

Wednesday, 07 August 2013
RICOH GR (2013)

ボツ写真にも共通のテーマが眠っている。
私は無意識のうちに交通標識に惹かれているようだ。

|

« B sides and outtakes #02 (common ground) | Main | B sides and outtakes #04 (the wall) »

Comments

面白い発見ですね。私は一時期飲み屋の提灯を片っ端から撮っている時期がありました。
交通標識の方が健全ですね(^^;;

Posted by: rickywho | August 09, 2013 at 21:48

飲んだくれずに写真だけなら、飲み屋の提灯も、十分健全だと思います^^
つい惹かれる被写体というのが、写真をされる方にはそれぞれお有りだと思いますが
なぜそれに惹かれるのか、その原因を突き止めたいと考えたことがあります。
例えばゴミの山。なぜか一応撮ってしまいます。ブログにはあまり載せることはありませんが。。
ゴミには一切興味ないですし、むしろ汚くて臭いもので嫌悪の対象ですらありますが
何故か撮ってしまうことが多いです。

Posted by: かわたつ | August 09, 2013 at 22:51

ゴミの山ですか。面白そうですね。森山大道や中平卓馬なら充分作品として発表しそうですよね。
自分はこのところ人物ばかり撮っているので、それに集中してしまって、かつての提灯やそれに代わる惹かれる被写体はありませんねえ。

PHOTOHITOでのコメントやお気に入りも、ただの街の風景的スナップより、人物の表情や動きが入っているもののほうがずっと多く反響を頂いています。東京都写真美術館を訪問したときに、これも偶然に参加した写真ワークショップで、人の動きの撮り方についてご指導を頂き、それ以来、ご指導通りに撮れないにも関わらず、人物撮影に拍車が掛かっています。まあ、下手なんですけど、少しは動きのある人物のポートレート的スナップが撮れることも、あります。たまに(^^;;

Posted by: rickywho | August 10, 2013 at 23:28

写真に人物が加わると、そこに躍動感や時間の流れが感じられて、一気に写真の魅力が増すのかもしれませんね。
私は人物は娘ばっかり撮っていますが、まずはピント合わせに忙しくて、動きや構図や何だかんだにまで行き届きません^^

写真美術館に立ち寄ることのできる環境というのも、都心部ならではで素晴らしいですね。
鹿児島では写真展は滅多にありません。過去にはスティーブン・ギルと蜷川実花の展示会にいったことがあるだけです。

Posted by: かわたつ | August 11, 2013 at 08:47

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« B sides and outtakes #02 (common ground) | Main | B sides and outtakes #04 (the wall) »