« life is like a butter (left on the table) | Main | physical graffiti »

130823_gr_021_2

   

130823_gr_026

I'd be happy as the world turning around you #33

Friday, 23 August 2013
RICOH GR (2013)

風立ちぬを観てきた。世間では賛否両論の作品のようだが
両目から涙が零れ落ちてしまった映画は私は今回が初めてだ。
これは年々涙もろくなっているので年齢の問題もあると思う。
感動したのは物語の内容だけでなく、アニメーションという
表現手法そのものの素晴らしさに心が震えてしまったから。
隣のかみさんは終わるなり何が良いのかわからないとのたまう。
え?どこで泣いたの?と真顔で驚かれる始末。
こんなかみさんだから私には逆に良いのだとこれは本気で思う。

|

« life is like a butter (left on the table) | Main | physical graffiti »

Comments

観た人によって感想が大きく分かれる様ですね。
僕の友人たちもそれぞれ様々な感想でした。

僕はまだ観ていません。
もう少しみんなが忘れた頃に観ようと思います。
ひねくれ者かな。。。w

Posted by: gwblue | August 23, 2013 at 23:51

映画の観方や感じ方は人それぞれで何が正解というのはないので、ネット上での発言はなかなか難しいですね^^
感想が分かれる映画は、私は素晴らしい映画だと思っています。私の好きな映画は賛否両論あるものが多いです。
様々な意見があって当然ですので、そういったあれこれから時間と距離を置いて、みんなが忘れた頃に観るのが
先入観なしで映画の世界に入り込めていいのかもしれませんね。

Posted by: かわたつ | August 24, 2013 at 00:21

かわたつさん、風立ちぬ、見たいと思っていますが、何故か横浜のデパートで原画展に遭遇し、そちらだけ見てきました。
自分の娘はアニメの背景画を描くのが仕事なので、原画展も大変興味深かったです。
CDあまり聴かれていないのでしょうか。GRの撮影にお忙しいのかもしれませんね。

私は、今年のワーグナーイヤーに釣られて、ワーグナーの歌劇楽劇のレコードを格安で大量ゲットし、それを聴き続けているため
撮影がおろそかになっています。自転車は時々乗ってますが。

複数の趣味があると、どれかに偏ってしまう時期ってあるものですね。

Posted by: | August 24, 2013 at 22:53

また名前忘れました。

明日も仕事で撮影も音楽鑑賞も進みそうにありません。
映画見たいなあ

Posted by: rickywho | August 24, 2013 at 22:54

原画展ですか!それは素晴らしい偶然でしたね。羨ましいです。
アニメーションの1秒1秒があらゆる人の細かい作業の積み重ねで成り立っているわけで
娘さんのように実際の制作作業に従事されている方のご苦労は計り知れません。
その分、達成感や充実感もとても大きいのだろうと拝察します。
件の映画でも、光と影、空気感、音、色彩、金属の質感といった表現の素晴らしさや、書き込みの細やかさに驚きました。

音楽はぼちぼち聴いていますが、最近はちょっと昔の日本のロックばかり聴いています。
私なりにいろんなジャンルを聴きますが、クラシックやオペラはまだ足を踏み入れておりません。
多くの趣味があると、限られた時間の割当てが難しいのですね。。
特に映画は、時間が必要なのと心身の状態も大切ですので、いつでもというわけにはいかないでしょうし^^

Posted by: かわたつ | August 24, 2013 at 23:15

あぁ、いいですね^ ^ アンパンマンを夢中になって見ているのでしょうか。
ころんとしたモニターも可愛らしいです。娘さんとのいい時間が写真から漂っています^ ^

Posted by: yokosuke | August 25, 2013 at 09:42

今では見かけないディスプレイですよね^^
実はこれはゲーセンにあるアンパンマンの乗り物かなにかのモニターです。
昭和感漂う機械でしたが、逆に言えば随分昔からアンパンマンは子供たちの心を掴み続けているのだなぁと
改めてアンパンマンの偉大さに心を打たれました。
我が2歳になりたての娘もアンパンマンだバイキンマンだとよく言っています。マーチも歌います。
よく考えたら顔面を人に食べさせるアンパン男の話が子どもに支持されていることが凄いです。
恐るべしアンパンマンです。

Posted by: かわたつ | August 25, 2013 at 18:45

顔面をもぎ取るのは確かにショッキングですね(笑)
きちんとアンパンマンを見たことはないのですが、いま思えば無償の愛ですね。
その精神を小さい子ながらにも感じとっているのでしょうか^ ^
それが、支持され続けてる理由のひとつかもしれません。

Posted by: yokosuke | August 25, 2013 at 20:44

無償の愛。まさしく私に決定的に欠けているものの一つです。
だから私の娘はいつも私を小馬鹿にした態度を取るのかもしれません。。
私の言うことを聞かないこと山の如しです。

Posted by: かわたつ | August 25, 2013 at 20:57

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« life is like a butter (left on the table) | Main | physical graffiti »