« untitled photographs #55 | Main | untitled photographs #57 »

131013_gr_008

131013_gr_028

untitled photographs #56

Monday, 14 October 2013
RICOH GR (2013)

今さらながら、OGRE YOU ASSHOLEにすっかりハマってしまった。
子供に聴かせても悪影響はなさそうな音楽なので家でも気にせずに聴ける。
殺伐系ロックも好きなのだが、娘に聴かせるのは非常に躊躇われるので。

|

« untitled photographs #55 | Main | untitled photographs #57 »

Comments

ROCKWAVE再びでしょうか?^ ^
上げられてるバンド、チェックしてみますね♪
こちらは、メタリカやドリームシアターなどのラウドな曲聴くと、ボリュームを小さくしても妻からクレームがきます(笑)
そういうのに偏見があるみたいなんですよ。ドキドキして落ちつかないらしく、分かるんですけどね。なので、イヤホンで聴くことにしています(笑)

Posted by: yokosuke | October 15, 2013 at 07:26

まさかyokosukeさんからドリームシアターの名前が出るとは驚きました^^
私は学生時代にHM/HRを聴きまくっていまして、ドリームシアターは大好きでした。Images and Wordsが特に。
当時は若かったので、メタリカよりはスレイヤーやメガデスの方が好きでしたが、今聴くなら断然メタリカです。
でもドキドキするというのはわかります。この前アメトークでハードロック芸人をやっていまして
当時の血が騒いだものでYouTubeでスリップノットとかを懐かしんで聴いていたら動悸で苦しくなりました。。

Posted by: かわたつ | October 15, 2013 at 20:39

かわたつさんも、HR/HMを通って来たんですね!僕も10代•20代にむさぼるように聴きました(笑)
「IMAGES AND WORDS」は、本当にミラクルなアルバムだと思います。ドリームシアターのLIVEはよく行きました。
メタリカよりメガデスやスレイヤーを、というのはよく分かります。自分も当時そうでしたから(笑)メタリカは年月と共に円熟し、いまでもカッコイイです。 「...And Justice for All 」のテクニックに裏打ちされは攻撃性はいま聴いても興奮します。他には、Queensrÿcheの「Operation: Mindcrime」も愛聴しました。あとこれを挙げなくてはいけません、JUDAS PRIESTの「PAINKILLER」。この鋼鉄感は別格です!
こうやって話しているとまた熱が再燃しそうです!
あ、長くなりそうなのでこの辺で(笑)

Posted by: yokosuke | October 15, 2013 at 21:32

QUEENSRYCHE!! 「Operation:Mindcrime」は私も何度聴いたかわかりません。まさに心酔していました。
CDだけでは飽き足らず、ビデオ版や詩集まで買いました。本当にあの世界観に圧倒されたものです。。

学生時代は食事代も削ってCDばっかり買っていました。
もっと他のことにお金を使うべきだったと今では思いますが、後悔はしていません。
ただ、当時買いまくったCDも、今では一枚として手元に残っていませんが。。

やはりHM/HRの話だと、私も熱くなってついつい前のめりになってしまいます^^
BURRN!を買うのが毎月の楽しみでした。

Posted by: かわたつ | October 15, 2013 at 22:13

「Operation: Livecrime」ですね^ ^ ラストの「Eyes Of A Stranger」へ向けてのドラマチックな展開は圧巻です。
クリスが脱退してからは、曲のクオリティ低下やバンド内モメでジェフと他メンバーの決別や裁判沙汰などで、バンドは残念な状態となってしまいました。インテリジェントメタルと言われていただけに、残念で仕方ありません。なので、「Promised Land」までと思っています。
BURRN!、僕も毎号買っていました(笑)伊藤正則のPOWER ROCK TODAYも毎週楽しみでした。現在は、BURRN!をかるくチェックする程度になっています^ ^

Posted by: yokosuke | October 16, 2013 at 09:19

そうだったんですね・・・しかも裁判沙汰まで。。時代の移り変わりを実感します。
Promised Landは私も大好きでした。その次のやつもBURRN上での評判は芳しくなかったものの私は好きでした。
でも聴いたのもそこまでで、その後HM/HRから多方面へと興味が拡散していき、今に至ります。
でもHM/HR時代が一番音楽にのめり込んでいたような気がします。
ラジオはKoh Sakaiのヘビーメタル・シンジケートを欠かさず聴いていました。
マーティ・フリードマンがタモリ倶楽部とかに出て普通に芸能人と絡んでいるのをみると、これまた時代の移り変わりを痛感します。

Posted by: かわたつ | October 16, 2013 at 21:51

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« untitled photographs #55 | Main | untitled photographs #57 »