« untitled photographs #63 | Main | strung out again »

131116_gr_023

131116_gr_033

131116_gr_022

131116_gr_037

I'd be happy as the world turning around you #37

Monday, 18 November 2013
RICOH GR (2013)

私は情けないことに2歳の娘に助けられた。
幼いながらに親の雰囲気を察して適切な振る舞いをしてくれて
なんというかその優しさに本気でありがとうと思いました。

|

« untitled photographs #63 | Main | strung out again »

Comments

あぁ、それは本当に良かったです。
子供は親のことをよく見てるものなんですねぇ。

久しぶりに写真をたくさん撮られたようで^ ^
その勢いが、連日の写真達から伝わってきます。
お子さんへの想いに秋の色が加わり、写真をさらにノスタルジックなものにしています。

Posted by: yokosuke | November 18, 2013 at 21:01

ほんとに子供は親をよく見ていると思います。
母親の口癖を真似てみたり、子供のボキャブラリーにも多大な影響を及ぼすので、今後は普段の言動にも気を付けなければなりません。。
写真連投中ですが、そろそろ打ち止めです・・・
今から冬にかけて、写真を撮るには良い光、環境、空気感になっていきます^^ 嬉しい反面、寒いのは苦手ですが。。

Posted by: かわたつ | November 18, 2013 at 21:44

こんばんは。
これからも、お子さんと奥様を大切にしてあげて下さい。
僕は自分の欲求に勝てず、今まで沢山、家族を犠牲にして来ました。
そして、天からの制裁を受けてしまいました。

かわたつさん、家族は何よりも愛すべき存在です。
そして、あなたも家族から愛されている存在です。

かわたつさんの愛情を、家族に注いで上げて下さい。
本当に無責任な事を言いますが、仕事なんて、辞めても次があります。

人間、馬鹿な生き物で、大変な事にならないと
何が大事であって、何をすべきだったか・・・僕は後悔だらけです。

Posted by: akira-ge | November 22, 2013 at 06:51

akira-geさん:
ブログを拝見していて、何事かがおありになったのだろうと心配しておりました。
もちろん私にはその状況を拝察することしかできませんが、今はただakira-geさんご家族のご無事をお祈りしています。
頂いたコメントの一語一句、今の自分にとって、他の何よりも響くお言葉です。

私こそ、反省と後悔すべきことが、それこそ山のようにあります。
何気ない当たり前の日常がこれからも当たり前である保証なんてどこにもないのに、今の幸せをありがたがることも無く
ただただ自分の些細な都合と主張を優先して、ときにかみさんや娘への思いやりや配慮を欠いてしまうことがよくあります。
先週も、そんな感じで自己嫌悪に陥ったばかりでした。
愛情を注ぐという言葉、とても素敵な言葉だと思います。胸に刻みます。ありがとうございます。

Posted by: かわたつ | November 23, 2013 at 00:56

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« untitled photographs #63 | Main | strung out again »