« I'd be happy as the world turning around you #39 | Main | untitled photographs #66 »

131116_gr_028

131125_gr_016

131125_gr_021

131125_gr_026

untitled photographs #65

Wednesday, 27 November 2013
RICOH GR (2013)

あなたはこの写真で何を伝えたいのですか。
そう聞かれたら答えに困るような写真ばかりを撮っている。
もちろん良いと思っているから撮ったし選んだわけだけど。
今日ネットの記事で、他の人の写真を観るときは
批評的な眼で見よと書いてあるのをみた。
でも残念ながら人の写真を見て批評できるほどの見識はない。
例えば今回私が掲載した写真のテーマを強いて挙げるとすれば
「生き物の気配」とかになる。実際レンズの向こうには生物が居る。
でもそんなことは言わないとわからないことだ。
写真のテーマなんて、言われなければ気づかずに見過ごしてしまう。

|

« I'd be happy as the world turning around you #39 | Main | untitled photographs #66 »

Comments

こんばんは
ご無沙汰しています

今回のお写真、ものすごく好きです
正直に言うと下の3点が好きです
マットを大きくとって額装して並べたいです

ちなみに僕は「テーマ」という言葉がキライです w

Posted by: taro | November 28, 2013 at 22:58

taroさん、こんばんわ^^
お言葉ありがとうございます。実は1枚目だけ別の日に撮った写真なので、この中では浮いてるかもしれません。
テーマにこだわって関連性のある写真を使ったというのが正直なところです。
テーマとか気にせず、のびのび撮ったり選んだりするのがやっぱり良いのかもしれませんね^^
写真の評価はつくづく難しいものだと思います。。

Posted by: かわたつ | November 28, 2013 at 23:12

テーマやストーリーをイメージして、それに合うものを撮ってまとめるという作業はやったことがあります。時間はかかりましたが、面白い作業でした。

「写真で何を伝えたいのか」は意識したことがありませんが(笑)、「何を撮りたいのか、何に惹かれたのか」は常に意識しています。
被写体に向かいシャッターを押すまでの間、様々なことを考えます。「何に惹かれたのか」を際立たせるために。光線の状態、被写体との距離と角度、引くのか足すのかという枠にどれだけ納めるのか。そして撮った写真をモニターで見て、色々入り過ぎたな、光の角度を変えればよかったな、と色々感じます。そして、現像も含め次はこうしてみようと。「何に惹かれたのか」というのを際立たせるためにフィードバックしていきます。
批評というのは否定的な意味合いで使われることが多いですよね。むしろ、批評の目は自分の写真に向けた方が有意義だと思いますし、そのためにも様々な人の写真や絵などを見て感じるとることも有意義なことです^ ^ 僕の写真から何かが伝わってリアクションを頂けることでとてもとても励みになります。でも、「全ては自分の満足のために」へ集結していきます。(ビールのCMでこんなのありますね笑)

Posted by: yokosuke | November 29, 2013 at 11:59

yokosukeさん、こんにちは^^
写真を撮るとき、私は正直そこまで被写体を大事にして撮っていない気がします。
私は自分の写真を「条件反射的写真」と呼んでいます。
もちろん自分なりに短い時間内であれこれの判断はしているつもりですが、基本は良いと思ったから撮る、それだけです。
でも被写体を最大限に生かす努力こそが、写真撮影に臨むカメラマンに求められる最低限の「礼儀」であるようにも思えます。
やはり批評の眼は自分の写真にこそ向けるべきですね。改めていろいろと気づかせていただいた気がします^^
私はあまりネット上の写真をあれこれ観て回るということはしないのですが、一方で昔と違って日々様々な写真に触れて
意識的・無意識的関わらず写真のあれこれに曝され続けている私たちの写真術というのは、むしろこれからそのあり方が
問われるというか、方向性が大きく転換していくのかもしれません。写真って本当に素晴らしいと思います。

Posted by: かわたつ | November 30, 2013 at 14:19

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« I'd be happy as the world turning around you #39 | Main | untitled photographs #66 »