« in the air (take 4) | Main | (This is) a lovely way to spend an evening »

131222_bg_009

131222_bg_012

131222_bg_011

skips a beat (over you) #04

Saturday, 11 January 2014
Carl Zeiss C Biogon T* 2.8/35 ZM
FUJIFILM X-E1

一番好きなバンドは何?という質問ほど困る質問はないわけで、シンガーソングライターじゃいかんのかとか、ソウルミュージシャンはバンドじゃないからだめなのかとか以前に、そもそも多彩なジャンルから一番を選ぶこと自体がナンセンスであり、しかもそのときの気分も選択に多大なる影響を及ぼすと思うのだが私の場合食い気味にThe Promise Ring。切な明るい曲もしっとり曲も素晴らしいしギターも良いしリズムもいいが何といっても声が良い。かれこれ10数年聴いているが今もって変わらないし、代わりも見つからない。私の好きな三大歌い手は、プロミスリングのデイヴィとニーナ・シモン、そしてモーサム・トーンベンダーの百々和宏となっている。
[ THE PROMISE RING "Skips a beat (over you)" ]

|

« in the air (take 4) | Main | (This is) a lovely way to spend an evening »

Comments

こんばんわ!
The Promise RingはCap'n Jazzのギタリストのバンドなんですね!
キンセラ兄弟サイドのバンドは少し聴きかじっていますが、The promise Ringは初めて聴きました
今、他の曲も色々聴いてみましたが、
「Size Of your Life」の入っているアルバムに聴き入ってしまいました(このバンドのアルバムの中では少し異色という声をネットで調べた時に出てきましたが…)
調べれば調べるほど、すごい枝分かれをしていますね、この方達…、各々で名盤を打ち出しているという…

Posted by: ふゆ | January 11, 2014 at 22:08

ふゆさんこんばんは^ ^ 確かにこの辺の人脈や各々のプロジェクトなど、追っかけだしたらキリがありませんよね。
私もamerican footballなどは過去に何度も興味を抱きつつも、結局足を踏み入れずにここまで来ました。ハマるとその周辺まであちこち手を出さずにはいられなくなることが分かっているので^_^;
size of your lifeが入っているWOOD/WATERというアルバムは私も一番大好きです。このアルバムが生まれた背景を知ると、更にここに収められた曲の持つ輝きというか力というものが心に響いて泣けてきます。彼らはエモとかギターポップの領域で語られますが、実はスローな曲にこそ強烈な魅力があります。ボーカルのデイヴィの別プロジェクトにVERMONTというのがあり、アルバムが2枚出ていますが、OWENにご興味があるならこちらの方もお勧めです。切な系アコースティックで私は多分死ぬまで聴き続けると思います。どちらのアルバムも大変素晴らしいのですが、手始めにcalling albanyをお勧めしておきます。もしそのうち機会があれば、手にとってみられる価値はあると思います。

Posted by: かわたつ | January 11, 2014 at 23:16

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« in the air (take 4) | Main | (This is) a lovely way to spend an evening »