« I'd be happy as the world turning around you #52 | Main | untitled photographs #88 »

140531_gr_006

140531_gr_008

140531_gr_009

chasing the girl #02

Sunday, 01 June 2014
RICOH GR (2013)

iPod classicを買ってくれとかみさんに頼んだら意外にOKだったので、早速今日の夜購入。シルバーを買ったがまさかの裏がバリバリの鏡面仕上げで、ちょっと触ったら指紋まみれになるので取り扱い注意だ。とはいえカーオーディオ用なので、今夜を最後にその姿を目にすることはほとんどなくなってしまい、ボックスの中に仕舞い込まれることとなる。やっぱり160GBは心強い。無くなるという噂はずっとあるようだが、むしろこれからを考えるとこの大容量の需要は増す一方な気もするが。。

|

« I'd be happy as the world turning around you #52 | Main | untitled photographs #88 »

Comments

iPod classic、ぼくも愛用してます。
さすがに160GBあると、大量にある音楽データもまるごと収まってくれるので重宝しています。
もし販売終了するなら、予備で一個買いたいくらいです。

裏面の鏡面仕上げ、iPod発売当初の4年間は小林研業という日本の小さな企業の5人ほどの研磨職人が手がけていたらしいですよ。

Posted by: Okada | June 01, 2014 at 07:11

小林研業さんのiPod、是非見てみたかったです。現行のものよりもっと精度が高かったのかもしれませんね。
昔は車にCDフォルダを何個も積んで、聴きたいCDをその都度探して入れ替えていました。
家で聴きたくなったら車に取りに戻ったり。MDに入れるというパターンもありました。
その点今はこんな小さい機械を一つ入れて置くだけで、邪魔にならず曲も簡単に選び放題です。
本当に良い世の中になったものです。

Posted by: かわたつ | June 01, 2014 at 08:14

被写体・構図・被写体・色のトーン、全てが絶妙です。
この平和がずっと続くことを願いたくなります。

Posted by: yokosuke | June 02, 2014 at 20:43

yokosukeさん、こんばんは^^
このところyokosukeさんのお写真も更なる高みへ、もはや私なんかの手の届かない次元へと到達されたような気がします。
一方私は相変わらず写真も撮れず、成長もなくただただ底辺をさまよっておりますがしかし、地面すれすれの底辺写真でも
なかなか美しい光景は広がっており、こんな日常も悪くないなと今は肯定感に満ちあふれております(土日限定)。
そのうち落ち着いたら、一人で徘徊写真でも撮りに行きたいと思っていますが、いつになることやら。。

Posted by: かわたつ | June 02, 2014 at 23:00

誤文、失礼しました^^;
Instameet撮影会のことですか?Instagramの方はアカウントはだいぶ前に取得したんですが、ずっと放ったらかしでした…(笑)
なので、今回をきっかけに再開させてみました。撮影会を知ったのは、tumblrでのフォローさんの告知なんですよ。
こういった撮影会にちょこちょこ参加出来ればいいのですが、やはり家族との時間もありますし、そこのバランスは難しいですね^^;
しばらくはまた日常に戻り、その中に美を見出していきます。
以前カメラマガジンで、モデルでライカ使いのkikiさんの記事にこんな言葉がありました。
「入ってくる光をどうしてさえぎるの?」
フードは使わないんだそうです。目から鱗でした。(この話はしてないと思います…笑)
フードって、自分にとってはレンズ保護の比重が大きいので必ず付けているんですが、確かに光を遮っていますもんね。
レンズ構造ことは無知なのですが、ライカやツァイスのクラシックレンズは現代のものと違い、
光の届き方もレンズそれぞれに味のあるものになりそうです。(クラシックレンズは未経験なんです)
現代のレンズでフードを外してみて、より美しい光を写し取れるかどうか。日常の中で試してみたくなったんです^^

「肯定感」いい言葉ですね〜 イタダキました!
地面すれすれだって、浮いたり飛んだり出来ると思います。
それこそが、かわたつさんもおっしゃるように日常の美を写し取ることだと思います。

Posted by: yokosuke | June 03, 2014 at 10:38

撮影会に参加すると、いろいろと良い刺激がもらえそうですね。
写真が上手い方が日頃どんな感じで撮っているのかとても興味があります。
yokosukeさんのお写真、最近では水再生センターの写真もとても素敵でした。

入ってくる光をどうして遮る必要があるのか。まさにおっしゃるとおりですね。
私もやはりレンズの保護(貧乏性とも言います)あるいは見た目がカッコいいから
ついついフードを買ってつけてしまいますが。。
レンズに保護フィルタを付けており、そのダサさをフードで隠す利点もあります。
そういった余計なしがらみから解放されてこそ、真を写すことができるのかもしれません。

yokosukeさんの言葉に刺激されつつ、私も地面スレスレを浮遊しながら
日常の美を掬い撮っていきたいと思います。

Posted by: かわたつ | June 04, 2014 at 00:18

とてもいい色合いの写真ですね。
とてもJpeg撮りとは思えないです。

ipodクラシック、元祖であり、音楽媒体としてはなんだかんだで使いやすいですよね。
僕は嫁が使わなくなったアイフォン4をipod代わりに使うことがあります(笑)

Posted by: coji | June 04, 2014 at 09:55

cojiさんこんばんは。GRは好みの色合いが出しやすくて気に入っています。もう1台のX-E1の方は、調整できる範囲が思ったほど広くなく、ちょっと使いこなしが難しいです。そのうちX-E1も再開しますが、しばらくはGRを使い続けそうです。
私もこれまでは車内用に古いiPhone4を使っていたのですが、バッテリがヘタってしまったため、2日も車に乗らないとバッテリ切れで使えないというような状況でした。もう21世紀に入って10年以上経っているのに、いまだに人類はバッテリに振り回されないといけないのでしょうか。。

Posted by: かわたつ | June 04, 2014 at 23:15

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« I'd be happy as the world turning around you #52 | Main | untitled photographs #88 »