« untitled photographs #88 | Main | (I don't stand) a ghost of a chance #01 »

140614_gr_001

140614_gr_003

untitled photographs #89

Saturday, 14 June 2014
RICOH GR (2013)

とある待合室のキッズスペースで2歳の娘を遊ばせていたところ、娘がごはんですよと言って私に手渡したそれには、私が好きな物だということを知ってか知らずか、カメラと書かれたブロックが置かれていた。さすが我が娘よ。かわいいな。俺が好きなものをわかっているんだなぁと、微笑ましく私はそれを写真に収めた。家に帰って今日撮ったほんの少しの写真を何気なく眺めていると、今日娘が用意してくれたかわいいカメラのごはんの写真。何とそこにはカメラだけでなく「撮れ」のメッセージまでもが!

|

« untitled photographs #88 | Main | (I don't stand) a ghost of a chance #01 »

Comments

これは一本やられましたね。
はっはっは〜、さすが家族ですね♫
なぜか私もうれしくなりました。

Posted by: akira-ge | June 15, 2014 at 01:36

やられました。写真を見返したときに初めて気付きました。
娘は話すことはできますが、文字はまだ覚えていないので、完全な偶然の産物(のはず)なのですが
何だかとても深いお言葉をいただいたような気がしました。

Posted by: かわたつ | June 15, 2014 at 08:54

娘さん、父の姿をよく見ているのですね。
スナップ写真もいいけどわたしを撮れってメッセージですね笑

Posted by: たにぐち | June 16, 2014 at 09:50

お子さんに、写真の神様が降臨したんだと思います。
神様のお告げじゃないかと!

Posted by: yokosuke | June 16, 2014 at 11:46

たにぐちさん:
昨日は電気屋に立ち寄ったところ、カメラコーナーから離れようとしませんでした。
幼心にカメラで写真を撮りたい欲求があるようで、何度もシャッターを切っていました。
ここのところめっきり娘の写真ばかりですので、そろそろスナップ写真も解禁してほしいです^^

Posted by: かわたつ | June 17, 2014 at 00:05

yokosukeさん:
まさに神懸かり的な奇跡でありました。家に帰って写真を見返してビックリでした。
逆に言えば、いかに被写体をみているようでみていないか、ということでもあり、心境は複雑です。
私の日頃の視野の狭さがこういうところに現れるのかと、少々切なくなります。。

Posted by: かわたつ | June 17, 2014 at 00:09

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« untitled photographs #88 | Main | (I don't stand) a ghost of a chance #01 »