« I am in beautiful moment #02 | Main | I'd be happy as the world turning around you #53 »

140706_gr_013

140706_gr_015

140706_gr_016

140706_gr_017

I am in beautiful moment #03

Sunday, 06 July 2014
RICOH GR (2013)

今日はスケートボードをこっそり練習するのに良い場所をひたすら探し求めた。何カ所か車を停めてボードを走らせるも、どこもアスファルトの路面が粗く、なかなか滑りづらい。最後の希望と流れ着いたとある公園、その奥の方。長い階段を上るとそこには誰もいない花園があり、レンガ敷でちょいガタガタするものの、これまでよりずっと気持ちよく滑るので、私はここと決めてこの花園の外周を(途中で何度も転けかけつつ、いや、ちょっとカッコつけました。2回尻餅つきました。)クルクル回り始めた。少しずつスピードが乗り始め、カーブもいい感じにこなせるようになってくると、いつしか何とも言えない爽快感に気分が高揚し、まさに無我夢中で完全口呼吸でこの花園をノンストップでガーガーと周り続けた。仕事のストレスを忘れ、ひたすら板に乗ってクルクルと滑る。あまりに単調なこの作業がしかし私にはこれ以上ない快感であった。途中疲労困憊で、木々や草花に囲まれた山の中腹に立つと、そこを吹き抜ける風がなんとも心地よい。ああ、何となく自然と一体化したような気がする。そしてあっと言う間の2時間。普通の人ならいよいよ楽しくなってここから本番というところだが、私は完全に疲れきって、そそくさと帰路につく。しかしそこにくたびれた表情はない。あるのは何かを成し遂げた男の爽やかな達成感であった。そのままボードやウィールについた泥をウエットティッシュできれいに拭いて、私は帰った。GR blogトラックバック企画「乗り物」に参加。

|

« I am in beautiful moment #02 | Main | I'd be happy as the world turning around you #53 »

Comments

スピード • 振動 • 風 • 緑 • 一体感
感覚に委ねるその気持ちよさ、よく分かります^^
運動したあとって、無性にカレーライスが食べたくなります(笑)

Posted by: yokosuke | July 08, 2014 at 11:21

自動車ばかりに乗っている生活を送っていると、自分で漕ぐ・滑る・動くという感覚が希薄になります。
自転車といいスケートボードといい、そういった忘れかけていた感覚を呼び起こすのが、気持ちよさに結びつくのかもしれません。
そう考えると、写真という行為もまた身体感覚を伴ったもので、これらの趣味は親和性が高いような気がします。
カレーライスは個人差があるかもしれませんが^^

Posted by: かわたつ | July 08, 2014 at 23:21

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« I am in beautiful moment #02 | Main | I'd be happy as the world turning around you #53 »