« October 2014 | Main | December 2014 »

9 posts from November 2014

141129_nk_024

141129_nk_022

141129_nk_021

I'd be happy as the world turning around you #61

Sunday, 30 November 2014
Nokton Classic 35mm F1.4
FUJIFILM X-T1

あまりに自然で気付かなかったのだが、X-T1は非常に手に馴染む。X-E1を使っていたからというのもあろうが、初めて手に持ったときから違和感なく使えている。あたかも昔からこのカメラを持っていたかのようなしっくり感。ただしやたらとボディ前面グリップ側のFnボタンを押してしまう。

| | Comments (7)

141123_nk_001

141123_nk_003

141123_nk_008

141123_nk_005

141123_nk_009

untitled photographs #110

Monday, 24 November 2014
Nokton Classic 35mm F1.4
FUJIFILM X-T1

NOKTON classic 35mmは、常用はできないかもしれないが、たまに使うとえらい楽しい。絞ればだいぶマシになるけど、それだったら他のレンズを使った方がいい。X-T1の何がうれしいかって、シャッタースピードが一気に高速化したので、NDフィルタの付け外しが要らなくなったことで、これによる機動力の向上は予想以上に大きい。

| | Comments (4)

141123_nk_011

141123_nk_014

141123_nk_013

141123_nk_015

141123_nk_010

untitled photographs #109

Sunday, 23 November 2014
Nokton Classic 35mm F1.4
FUJIFILM X-T1

X-T1試し撮りで早速持っていったのがクセ玉のノクトンクラシック35mm。相変わらずのグルボケ、開放でのにじみ、周辺の流れっぷりで、試し撮りとしてはまったく意味を為していない気もするが、楽しかったのは間違いない。やっぱりファインダーのぞいて撮れるのはうれしい。

| | Comments (0)

141122_ul_003

141122_ul_004

untitled photographs #108

Saturday, 22 November 2014
Voigtlander Ultron 28mm F2
FUJIFILM X-T1

そうです。X-T1です。欲しいと思ったタイミングでグラファイト・シルバーエディションが発売されるということで、私の大切な資産を取り崩して購入に至った。決め手は新モードであるクラシック・クロームと、最大1/32,000秒のシャッタースピード、そして何よりデカいファインダーである。ピント合わせの際の拡大表示の煩わしさと、昼間にNDフィルタを付けたり外したりの面倒臭さから解放されるだけでもこんなにうれしいことはない。あとはXF23mm F1.4があれば最高だけど、さすがにこれ以上は無理というものです。

| | Comments (2)

141121_35_001

141121_35_003

141121_35_002

untitled photographs #107

Friday, 21 November 2014
Fujinon XF 35mm F1.4
FUJIFILM X-E1

ついに買ってしまいました。FUJINON XF35mm F1.4。今さらながら初のフジノンレンズ。やっぱりAFは楽だ。一瞬でピントが合ってストレスも溜まらず、こんなことなら最初からフジノンのレンズを買っておけばよかったと後悔している。でも残念ながらこのレンズは私のモノにはならない。私のX-E1とともにかみさんのもとへと移る。

| | Comments (4)

141109_gr_004

141109_gr_002

141109_gr_013

I'd be happy as the world turning around you #60

Saturday, 15 November 2014
RICOH GR (2013)

最近急に寒くなってきた。私の部屋は夏は強烈に暑く、冬は異常に寒い。
冬における風呂場の寒さも尋常でなく、シャワーの水圧もちょろんちょろん。
温度調整もかなりの微調整とテクニックを要する。
生活するには厳しい季節が到来するが、冬の光は素晴らしい。。

| | Comments (2)

141109_gr_010

141109_gr_005

141109_gr_007

I'd be happy as the world turning around you #59

Tuesday, 11 November 2014
RICOH GR (2013)

飽きもせず撮り続けている逆光写真。もはや理屈でなく自分の衝動のみで撮っている。良い逆光加減に出くわすと恥ずかしながら興奮を抑えきれなくなり、ひとりテンションが上がっている。逆光+我が娘となれば最高の組み合わせとなる。ただし光の加減と動き回る娘との距離感を同時に捉えて撮影するのはなかなかに困難で、これはGRでないと難しい。かなり距離が接近するのでマクロモードが助かる。はっきりいってGRのマクロモードは、私にとっては娘専用といっても良いくらいだ。ということで、トラックバック企画「マクロ(パート2)」に参加してみます。

| | Comments (4)

141109_gr_009

141109_gr_014

141109_gr_016

I'd be happy as the world turning around you #58

Sunday, 09 November 2014
RICOH GR (2013)

私は切ない写真が好きである。もちろん、切ないなぁと思っているのは自分だけで、第三者には何のこっちゃわからないだろう。逆光写真をいまだに飽きもせずに撮り続けるのも胸がキュンキュンと切なくて息苦しくなるからで、これは切なさから来るものなのか、実は単なる動悸なのか最近わからなくなってきている。

| | Comments (2)

141023_gr_004

141022_gr_006

141023_gr_002

141022_gr_014

untitled photographs #106

Sunday, 02 November 2014
RICOH GR (2013)

写真集が増え過ぎて置くところもなくなったので、今度届くやつを最後に買うのを辞めたい。どうせいくら写真集を見たところで自分の撮る写真が上手くなるわけでもないし、結局私の特に好きな写真家の写真集を何冊か持っておけば足りるわけで、実際これまでコレクター魂だけで集めてきたようなところがある。それもこれも全て、後になってプレミア価格が付いてしまう「写真集やデザイン書あるある」が元凶である。

| | Comments (2)

« October 2014 | Main | December 2014 »