« There is (always light) #02 | Main | There is (always light) #04 »

141214_ul_006

141214_ul_020

141214_ul_030

There is (always light) #03

Friday, 19 December 2014
Voigtlander Ultron 28mm F2
FUJIFILM X-T1

X-T1ではもはやクラシッククロームしか使っていない。これ以外必要ないとすら思えるほど、どんな状況であっても私好みの写りになる。一つはこのモードとULTRON 28mmの写りの相性が良いというのもあるかもしれない。X-E1にULTRON 28mmを付けていたときはあまり好みの画作りができず、正直失敗したかなと思っていたが、今となっては優先順位第一位の組み合わせになった。

|

« There is (always light) #02 | Main | There is (always light) #04 »

Comments

かわたつさん、こんばんは♪
いいですね♪僕もこの組み合わせはかわたつさんスペシャルだと思います。

Posted by: akira-ge | December 20, 2014 at 02:04

この3枚、大好きです。
かわたつさんの、光を通じた日常の捉え方・解釈。
特に1枚目、光の神が宿っているかの様です。
思考やセンスを思いっきり発揮出来るカメラとレンズの組み合わせに辿り着かれた、そんな印象を受けました。この組み合わせによる色。透明感に加えてもとてもまとまりが良く落ち着いた感じ、僕も使ってみたいと思いました!
それと、画角が換算42mmですよね。かわたつさんとの相性の良い距離なんじゃないかなと。経験あるかもしれませんが、35mmだとたまに広く50mmだと狭いなと感じるときもあるので、40mmが実は自分的にベストなんじゃないかと前々から思っています(笑)

Posted by: yokosuke | December 20, 2014 at 06:06

akira-geさん、こんばんは^^
akira-geさんといえばDPシリーズ、DPといえば真っ先に思い浮かぶのがakira-geさんです。
私にとってもそういう存在にこのカメラやレンズがなれるよう、使い込んでいきたいと思います。
といいつつ早くも別のレンズに浮気心がうずいておりますが^^

Posted by: かわたつ | December 20, 2014 at 22:42

yokosukeさん、こんばんは^^
実はこの日のこの公園には、おっしゃるとおり光の神が宿っていました。
この公園こそ、その名を神話の里公園といいます。
私はこの場所で素晴らしい光に包まれ、短い時間ながらとても良い時間を過ごしました。
光の神の存在をズバリ見抜いたyokosukeさんは、やはり流石としかいいようがありません。。
40mmこそベスト、私も同じように感じています。特に家族写真にはしっくりきます。
今日久し振りに50mmのSonnarを使ってみましたが、どうも収まりが悪かったです。
そのうちフルサイズのカメラを買ったとき用に取っておこうと思っています^^

Posted by: かわたつ | December 20, 2014 at 22:48

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« There is (always light) #02 | Main | There is (always light) #04 »