Carl Zeiss C Biogon T* 2.8/35 ZM

150628_bg_005_2

150628_bg_002

150628_bg_007

150628_bg_006

untitled photographs #138

Sunday, 28 June 2015
Carl Zeiss C Biogon T* 2.8/35 ZM
FUJIFILM X-T1

次にレンズを買い替えるときに下取りに出す候補No.1であったC Biogon 35mmだが、今日思い切ってこれ1本で出かけたところすっかりこのレンズに惚れ直してしまった。極めてコンパクトであること以外にこれといって特徴がなく、しかし開放からやたらとシャープでしっかり写るこのレンズは、しっかり写るがゆえの失敗率の低さと、絶妙なコントラスト+色味による私好みの写りを手にすることができる。そして何よりこのコンパクトさ。カメラが重くならないことが素晴らしい。しばらくこれ1本でもっといろいろと試してみたくなる。

| | Comments (6)

150215_bg_005

150215_bg_003

untitled photographs #137

Sunday, 28 June 2015
Carl Zeiss C Biogon T* 2.8/35 ZM
FUJIFILM X-T1

このところ続いている記録的な大雨と長雨でなかなか写真を楽しめない。やっぱり晴れている日の撮影の方が個人的にはテンションが上がる。二人目の娘っ子もすっかり歩くのが上手くなってきて、いつの間にか着実に成長していることが嬉しくもあり、その一方、いつまでも赤ちゃんじゃないんだなと少々寂しくもある。

| | Comments (2)

150308_bg_004

150308_bg_002

150308_bg_001

untitled photographs #122

Sunday, 08 March 2015
Carl Zeiss C Biogon T* 2.8/35 ZM
FUJIFILM X-T1

ここしばらく写真を撮っておらず、たまには昔みたいにカメラを持ってブラブラしたいものだ。先週調子に乗ってiPad Air2を買ってしまって毎日のように調子に乗ってスワイプスワイプを繰り返しているが、ケチって16GBにしたのはちょっと失敗だった。Physical Graffitiのリマスター版が出たと最近知って、10年以上前アホみたいにZEPPELINを聴きまくっていた時代を思い出して、久しぶりに買い直してみようかなと検討中。Wanton Songが聴きたい。そして、C Biogon 35mmは素晴らしい。

| | Comments (0)

150215_bg_006

150215_bg_001

150215_bg_013

untitled photographs #119

Monday, 16 February 2015
Carl Zeiss C Biogon T* 2.8/35 ZM
FUJIFILM X-T1

久しぶりにC Biogon 35mmで撮ってみた。さすがCarl Zeiss、写りがしっかりしている。開放でもかなりシャープで、写りもまともなので信頼して使える。コントラスト高めで色乗りも良いので彩度の調整が必要かとも思ったが、結局このまま使っている。このレンズならではの写りや撮り方があるような気がして、今更ながらこのレンズに惚れ直した次第。あとはこの距離感が。。

| | Comments (2)

150215_bg_017

150215_bg_019

150215_bg_009

untitled photographs #118

Sunday, 15 February 2015
Carl Zeiss C Biogon T* 2.8/35 ZM
FUJIFILM X-T1

Macの不調に対してありとあらゆることをやったものの復調しなかったので、最後の手段ということでついにHDDの自力換装に踏み切った。HGSTの1TBのHDD等々1万円強の出費であったが、これにより見事なまでに復活。むしろ諸々動作が素早くなってまるで最新式のMacBookに買い替えたような気持ちよさである。写真の整理もストレスなし。かなり晴れやかな気分です。

| | Comments (2)

131222_bg_014

131221_bg_028

131221_bg_008

in the air (take 5)

Friday, 21 march 2014
Carl Zeiss C Biogon T* 2.8/35 ZM
FUJIFILM X-E1

最近X-E1で撮りに行っていないので、そろそろ持ち出したいところではあるが、先日福岡のヨドバシでX-T1を触ったら、あまりのファインダー像の大きさに感動し、もはやX-E1には戻れないような気すらしている。ただカメラとしては依然としてX-E1の方が好みで、正直一眼レフ寄りとなったX-T1は、実際に触ってみるとそこまで一眼レフ感が大きくなかったとはいえ、やはり私の嗜好からは外れると言わざるを得ない。X-E1の大きさのボディにX-T1クラスのファインダーが乗っかれば。。

| | Comments (0)

140202_bg_001

140309_bg_001

skips a beat (over you) #05

Wednesday, 12 March 2014
Carl Zeiss C Biogon T* 2.8/35 ZM
FUJIFILM X-E1

この時期は環境が変わる季節で、私も例外でなく環境が変わる。公私ともに。
達成したいことも、しなければいけないことも、やりたいこともあるし、時間も限られているし、優先順位をつけるのが難しい。

| | Comments (2)

131222_bg_009

131222_bg_012

131222_bg_011

skips a beat (over you) #04

Saturday, 11 January 2014
Carl Zeiss C Biogon T* 2.8/35 ZM
FUJIFILM X-E1

一番好きなバンドは何?という質問ほど困る質問はないわけで、シンガーソングライターじゃいかんのかとか、ソウルミュージシャンはバンドじゃないからだめなのかとか以前に、そもそも多彩なジャンルから一番を選ぶこと自体がナンセンスであり、しかもそのときの気分も選択に多大なる影響を及ぼすと思うのだが私の場合食い気味にThe Promise Ring。切な明るい曲もしっとり曲も素晴らしいしギターも良いしリズムもいいが何といっても声が良い。かれこれ10数年聴いているが今もって変わらないし、代わりも見つからない。私の好きな三大歌い手は、プロミスリングのデイヴィとニーナ・シモン、そしてモーサム・トーンベンダーの百々和宏となっている。
[ THE PROMISE RING "Skips a beat (over you)" ]

| | Comments (2)

131221_bg_011

131221_bg_009

131221_bg_041

in the air (take 4)

Thursday, 09 January 2014
Carl Zeiss C Biogon T* 2.8/35 ZM
FUJIFILM X-E1

今日の仕事帰りは今年初めての本格的な冷え込みで、明日は最低気温が−1℃らしい。
娘は今夜もぐずって、睡眠不足のかみさんは疲れで機嫌も悪い。
私はといえば眠りかけの娘を刺激しないよう自分の部屋にこもり
都会の片隅の六畳間で人知れず録音された激情パンクbedside yoshino #4を聴く。

| | Comments (6)

131221_bg_001

131221_bg_033

131221_bg_023

131222_bg_005

in the air (take 3)

Monday, 06 January 2014
Carl Zeiss C Biogon T* 2.8/35 ZM
FUJIFILM X-E1

今日はやたらと眠かった。私の身体の必要としている睡眠時間は一日8時間だと思う。そして毎日8時間寝ようと思ったら夜10時には寝ないといけない。これは無理だ。私は寝てはいけないシチュエーションでも眠りに落ちてしまう悪い習性がある。昔は上司に怒られている最中に眠りに落ちたこともある。これを書きながらも眠い。Biogon35mmがNOKTON35mmとは違ってしっかり写ることは、眠い目で見てもわかる。

| | Comments (2)