*photo

190616_xf_002

190616_xf_001

190616_xf_003

190616_xf_004

190616_xf_005

190616_xf_006

Sunday, 16 June 2019
FUJIFILM X100F

katrien de blauwerとか大類信とか北園克衛とか
私の好きな人のセンスが天才的過ぎて憧れを通り越して畏怖しか感じない。

 

| | Comments (0)

190601_xf_007

190601_xf_011

190601_xf_010

190601_xf_014

190601_xf_016

190601_xf_017

Sunday, 02 June 2019
FUJIFILM X100F

ついに梅雨入りしてしまい、これから撮影頻度が減ることになる。
何より湿気で部屋の本が波打つのが嫌だ。

 

| | Comments (4)

190526_sn_005

190526_sn_013

190526_sn_011

190526_sn_001

Sunday, 26 May 2019
Carl Zeiss C Sonnar 1.5/50 ZM
FUJIFILM X-Pro2

今日髪を切ろうというときに限って髪型がいい感じにまとまるのと同じように
思い切って売ってしまおうかと最後に持ち出したレンズの写りに惚れ直す。

 

| | Comments (8)

190421_xf_015

190421_xf_016

190502_xf_001

190406_xf_018

190413_xf_001

Thursday, 02 May 2019
FUJIFILM X100F

下手したら最初で最後の10連休。ストレスフリー状態になるとイライラしなくなることがわかった。
映画クレヨンしんちゃんで不覚にも両の目から涙が溢れ、確実に加齢していることがわかった。
/ 映画はネット予約で朝早めのやつに行くに限る。

 

| | Comments (0)

190321_xf_003


190321_xf_002


190321_xf_004


190321_xf_005

Thursday, 21 March 2019
FUJIFILM X100F


月日の流れが早すぎる。


 

| | Comments (0)

190224_xf_007_2

190224_xf_003

190224_xf_004

190224_xf_005

190224_xf_001

Sunday, 24 February 2019
FUJIFILM X100F

これからの私が是非取り組みたい三大方針。
読書、片付け、物欲消去。

| | Comments (5)

190210_xf_002

190210_xf_001

190210_xf_004

190210_xf_005

190210_xf_006

190210_xf_007

Sunday, 10 February 2019
FUJIFILM X100F

今日は写真撮るぞという日に限ってなかなか晴れない。

| | Comments (0)

190206_xf_005

190206_xf_007

190206_xf_009

190206_xf_001

190206_xf_002

Wednesday, 06 February 2019
FUJIFILM X100F

今週は長女がインフルエンザで休み中、次女も全身発疹まみれで休み中。
次女の発疹は診察の結果、薬か何かによるアレルギー性のものらしい。
両人とも登校・登園不可なのだが、いたって元気、むしろやかましいくらい。

| | Comments (0)

190202_xf_004

190202_xf_005

190202_xf_006

190202_xf_007

190202_xf_003

190202_xf_008

Saturday, 02 February 2019
FUJIFILM X100F

X100Fのセッティングを調整中。
買って良かった。愛している。

| | Comments (2)

190127_xf_013

190127_xf_003

190127_xf_006

190127_xf_012

190127_xf_016

untitled photographs #203

190127_xf_019

190127_xf_023

190127_xf_026

Sunday, 27 January 2019
FUJIFILM X100F

日曜日の親父スタイル(=部屋でゴロゴロ)がどうにもジャマくさかったらしく
一人で外出して良いとのご許可を頂き、ありがたく徘徊撮影させていただいた。
当て所なくカメラ片手にブラブラするのは、ある種の瞑想に近いものがある。
頭を空っぽに、何か引っかかる光景がないかだけをひたすら探すという、適度な運動。
久しぶりの徘徊撮影で手応えはなかったものの、こういう時間がやはり大切だ。

| | Comments (2)

より以前の記事一覧