FUJIFILM X-E1

141121_35_001

141121_35_003

141121_35_002

untitled photographs #107

Friday, 21 November 2014
Fujinon XF 35mm F1.4
FUJIFILM X-E1

ついに買ってしまいました。FUJINON XF35mm F1.4。今さらながら初のフジノンレンズ。やっぱりAFは楽だ。一瞬でピントが合ってストレスも溜まらず、こんなことなら最初からフジノンのレンズを買っておけばよかったと後悔している。でも残念ながらこのレンズは私のモノにはならない。私のX-E1とともにかみさんのもとへと移る。

| | Comments (4)

140511_ul_001

140511_ul_010

untitled photographs #85

Sunday, 11 May 2014
Voigtlander Ultron 28mm F2
FUJIFILM X-E1

今日は風があまりに強く、灰が舞いに舞っている感じだったので、ULTRON 28mmは今日も持ち出せず、やむを得ず室内撮りに終始した。室内でいろいろ撮っていると「そんなところの写真ブログに上げないでよ」とかみさんに釘を刺されるのが常であるが、室内しか撮る物がないので仕方がない。

| | Comments (0)

140510_ul_002

140510_ul_004

140510_ul_005_2

untitled photographs #84

Saturday, 10 May 2014
Voigtlander Ultron 28mm F2
FUJIFILM X-E1

今日は晴れたので夕方娘を公園に連れて行ったものの、微粒の灰が降っていたようで、ウルトロンは持ち出さなかった。家で試し撮りしたところ、これがなかなか良い塩梅だ。開放でもわりとしっかり写る、現代的な味付けである。ハイライト側のコントラストや色味など、Kマウントのカラスコに近い感じがして、しばらく常用レンズになりそうな予感がある。早く外に持ち出したい。

| | Comments (0)

140506_nk_002

140505_nk_002

untitled photographs #83

Tuesday, 06 May 2014
Nokton Classic 35mm F1.4
FUJIFILM X-E1

連休も終わってしまった。この連休は病院通いと娘の世話と部屋の片付けと洗濯と茶碗洗いと慣れない食事の準備であっという間に終わってしまった。赤ちゃんの世話はあまりできなかったが、これから仕事でさらに顔を見る時間が少なくなってしまう。帰ってからの短い時間をできるだけ赤ちゃんと過ごそうと思う。ところで今日ようやくGR用のネックストラップが届いた。カメラは取り外しが可能なので、ぶら下げたまま撮るも良し、取り外して自由に振り回すも良しという優れた一品。ULYSSESのボディスーツとの相性もよく、良い買い物したなぁと一人悦に浸る。

| | Comments (2)

140504_nk_001

140504_nk_002

140504_nk_003

afterwards #02

Sunday, 04 May 2014
Nokton Classic 35mm F1.4
FUJIFILM X-E1

娘との二人暮らしは今日で最後となった。始まる前は不安しかなかったが、終わってみれば、大変だったけどとても楽しくて濃密な時間だった。娘を寝かしつけた後、部屋で音楽を聴きながら今日撮った写真を整理する時間も、ゆったりした休息感が心地よい。病室内は暗めなので、X-E1で撮るときはNOKTON35mmF1.4の一択だった。このレンズはお遊び用に買ったのだが、こんなに活躍するとは思わなかった。でも狭い病室内なのでもうちょっと広角の明るいレンズがあればなお良かった。

| | Comments (6)

140430_nk_004

afterwards

140430_nk_003

Saturday, 03 May 2014
Nokton Classic 35mm F1.4
FUJIFILM X-E1

娘と二人きりの生活を始めて丸2日が経過した。何と言うか娘との距離がいっそう縮んだような気がする。これまでよりもっと深いところで通じ合えるのかもしれない。もちろん、母親には絶対に勝てないが。そんな家族との濃密で柔らかな時間を、同じく濃密で柔らかい画を描くレンズで、近い距離で記録したい。SWHとMOUNT A12を手放して、ULTRONの28mm F2を買おうかと画策している。

140430_nk_002

| | Comments (4)

140430_nk_001

140430_nk_006

140430_nk_005

birth #02

Wednesday, 30 April 2014
Nokton Classic 35mm F1.4
FUJIFILM X-E1

予定日から結局2〜3日遅れて、2人目が産まれた。とりあえずは母子ともに無事でよかった。私が寝ている間にかみさんは陣痛が始まりそのまま寝られず、夜中一足先に病院へ。私が明け方娘を連れて病室に入ってしばらくしたらもう産まれた。産まれたのは間違いないし、鮮明に記憶にも残っているのだが、まだどうも実感がない。

| | Comments (12)

140427_nk_006

140427_nk_001

140427_nk_017

before we run #05

Sunday, 27 April 2014
Nokton Classic 35mm F1.4
FUJIFILM X-E1

久しぶりにX-E1とノクトン35mmでの撮影。NDフィルタを付けたり外したりが面倒なので私の場合ずっと付けっぱなしで撮ってしまうわけだが、むしろノイジーな感じが私は好みなので総じて望ましい結果が得られる。X-E1はどちらかといえばツルツルな画が得られるカメラで、大多数の人はそちらを良いと思うであろうが、ちょっとザラついた感じの方が私には写真っぽく思える。ノクトンの場合さらにザワついた感じがプラスされ、何とも言えない空気感をまとわせる。それがまた良い。

| | Comments (4)

140321_nk_004

140321_nk_003

140321_nk_002

before we run #04

Sunday, 23 March 2014
Nokton Classic 35mm F1.4
FUJIFILM X-E1

この子が産まれて2ヶ月の頃はどうだったか忘れた。初めて話した言葉が何だったのかも忘れた。ハイハイしかできなかった子が2本の脚で立ち上がった日のことを忘れた。会話が成立して意思の疎通が図れるようになったのはいつのことだったのか忘れた。過去の記憶は忘却の彼方に、今日一日を何となくやり過ごし、未だ見ぬ明日に期待と不安を抱えながら、何を記録するわけでも記憶のためでもなく写真を撮る。元来記憶力のない私は、忘れることへの不安はないが、後になって手に入れようにも手に入らない何かを今この一瞬一瞬のうちに取りこぼしているのではないかとふと不安になってカメラを取ることはある。

| | Comments (0)

131222_bg_014

131221_bg_028

131221_bg_008

in the air (take 5)

Friday, 21 march 2014
Carl Zeiss C Biogon T* 2.8/35 ZM
FUJIFILM X-E1

最近X-E1で撮りに行っていないので、そろそろ持ち出したいところではあるが、先日福岡のヨドバシでX-T1を触ったら、あまりのファインダー像の大きさに感動し、もはやX-E1には戻れないような気すらしている。ただカメラとしては依然としてX-E1の方が好みで、正直一眼レフ寄りとなったX-T1は、実際に触ってみるとそこまで一眼レフ感が大きくなかったとはいえ、やはり私の嗜好からは外れると言わざるを得ない。X-E1の大きさのボディにX-T1クラスのファインダーが乗っかれば。。

| | Comments (0)