_monochrome

161005_ul_003

161005_ul_002

161005_ul_005

161005_ul_006

160923_ul_001

untitled photographs #173

Sunday, 30 October 2016
Voigtlander Ultron 28mm F2
FUJIFILM X-Pro2

最近聴き始めたMy Hair is Badは、新作もなかなか良かったが付属のDVDが何と言っても熱かった。数ヶ月前に真赤という曲を初めて聴いたとき、これはThe Promise Ringの再来だと一人で盛り上がったものだが、他のアルバムを遡って聴いてみると、意外とeastern youthっぽくもあったりして要はエモい。最近Hi-Standardも復活したりと、昔エモとかメロコアとか言われていたあの感じが最近ブームなのだろうか。

| | Comments (0)

160819_sn_003_2

160819_sn_005

160819_sn_007

160819_sn_008

160820_sn_012

160820_sn_013

untitled photographs #172

Sunday, 04 September 2016
Carl Zeiss C Sonnar 1.5/50 ZM
FUJIFILM X-Pro2

現実逃避的にたまに行う職場の片付け大会をやって最近気分が良いので、自分の部屋もがっさり物を捨てちゃって、いっそ小洒落た部屋に大改造したい。音楽でも聴きながらお酒を飲めるような。夏も終わるので。

| | Comments (2)

160811_x35_003

160811_x35_004

160811_x35_005

160811_x35_006

160811_x35_007

160811_x35_008

untitled photographs #171

Sunday, 14 August 2016
Fujinon XF 35mm F2
FUJIFILM X-Pro2

気がつけば3ヶ月ぶりの更新。
暑さにやられて写真を撮る枚数は減ったものの、物欲だけは衰えるところを知らない。
訳あって手放してしまったGRに変わるX70、やっぱりAFが良いということで使いやすい距離のXF23mm F2、などなど。

| | Comments (4)

151213_x35_001

151226_x35_001

151226_x35_002

untitled photographs #157

Saturday, 13 February 2016
Fujinon XF 35mm F2
FUJIFILM X-T1

スロウの衝撃から17年。いまだにCDをちゃんと買い続けている数少ないバンド、GRAPEVINEの新作を何度も繰り返し聴いていてやはり思うのは、亀井亨の作るメロディの胸ざわつかせ力がいまだに国内最高峰であるということである。もちろん、このヴォーカル、演奏だからこその破壊力なのだが、いまだに売れているのか売れていないのかよくわからない微妙な立ち位置なのが勿体ない。

| | Comments (0)

151121_x35_004

151121_x35_001

151121_x35_007

untitled photographs #150

Saturday, 21 November 2015
Fujinon XF 35mm F2
FUJIFILM X-T1

私にとって初めてのXFレンズ。やはりオートフォーカスは楽だ。しかもレンズ自体もコンパクトで音もかなり静かなので、使っていてストレスがない。フォーカスは速いし、解像感もあり、思っていたより雰囲気もよい。あとは晴れた日の撮影で好みの絵になるかどうか。。

| | Comments (4)

150215_bg_005

150215_bg_003

untitled photographs #137

Sunday, 28 June 2015
Carl Zeiss C Biogon T* 2.8/35 ZM
FUJIFILM X-T1

このところ続いている記録的な大雨と長雨でなかなか写真を楽しめない。やっぱり晴れている日の撮影の方が個人的にはテンションが上がる。二人目の娘っ子もすっかり歩くのが上手くなってきて、いつの間にか着実に成長していることが嬉しくもあり、その一方、いつまでも赤ちゃんじゃないんだなと少々寂しくもある。

| | Comments (2)

150607_ul_006

150607_ul_005

150607_ul_009

untitled photographs #136

Sunday, 07 June 2015
Voigtlander Ultron 28mm F2
FUJIFILM X-T1

前々から気にはなっていたSPARTA LOCALSのPVを何気なく見てたら「水のようだ」があまりにも名曲だったのでCDを何枚か買ったは良いが、フジファブリックのFUJI Qのライブで最初に出てくる、どうも私とはノリが合わないということで観る度にスキップしていた安部コーセイという男のバンドだったと知ったときの軽い衝撃。

| | Comments (2)

150215_ul_001

150215_ul_002

untitled photographs #120

Thursday, 19 February 2015
Voigtlander Ultron 28mm F2
FUJIFILM X-T1

また最近じわじわと高まっているモノクロ熱。
X-T1で撮るモノクロが実は結構気に入ってたりする。

| | Comments (8)

141221_ul_001

141221_ul_009

141221_ul_012

141223_ul_008

untitled photographs #112

Wednesday, 24 December 2014
Voigtlander Ultron 28mm F2
FUJIFILM X-T1

今年も無事にクリスマスを迎えることができた。この幸せに感謝しなければならない。片付けろと言っても「イヤ」の一点張りで一切片付けようとしない娘にかみさんがイラつく様子も、その後ろでギャーギャーと泣き叫ぶ娘のやたらとデカい声も、ありがたい日常の1シーンであり、よく考えれば幸せな光景なのだ。
  最近やたらとモノクローム熱が再燃してきて、X-T1で何度が撮っているが、もうちょっと試行錯誤が必要かもしれない。モノクロームの調整幅がこのカメラは広いので、いろいろと試せる幸せがある。何となくこうしたいというイメージはあるが、どうやったらそこに辿り着けるのかがよくわからない。

| | Comments (0)

140430_nk_001

140430_nk_006

140430_nk_005

birth #02

Wednesday, 30 April 2014
Nokton Classic 35mm F1.4
FUJIFILM X-E1

予定日から結局2〜3日遅れて、2人目が産まれた。とりあえずは母子ともに無事でよかった。私が寝ている間にかみさんは陣痛が始まりそのまま寝られず、夜中一足先に病院へ。私が明け方娘を連れて病室に入ってしばらくしたらもう産まれた。産まれたのは間違いないし、鮮明に記憶にも残っているのだが、まだどうも実感がない。

| | Comments (12)

より以前の記事一覧