*movie

140304_gr_099
140304_gr_081
140304_gr_084
140304_gr_085

bye bye blackbird #12

Sunday, 09 March 2014
RICOH GR (2013)

前から気になっていたジョナス・メカスの「WALDEN」をついに購入して本日鑑賞。reel.1から6まで分かれているので、時間を見つけて何回かに分けて観ようと思っていたのに、気付けば3時間分すべて一気に見終えてしまった。早回し、細かいカット割り、映像と背景音のズレ、タイポグラフィ。窓辺、花、逆光、車窓を流れる夕景。ノスタルジー。くぐもって、ときに歪むBGM、ノイズミュージック。マーク・ボスウィックの写真や、ハーモニー・コリンの「ジュリアン」にみられるいくつかの美しいカット。それら私の好きなものの全部は、すでに1969年のこの映画の中にあった。
   何も起こらない、とりとめのないホームムービー(勿論、実際にはただのホームムービーではない)が、何故にこんなにも映画的で、心を高揚させ、胸を締め付けるのだろうか。ところどころ現れる美しく、ときに幻想的なイメージすらも、早回しで過ぎ去る一瞬の数コマに過ぎず、脳に焼き付けようと手を伸ばした瞬間にはすでに消えてなくなり掴みきれない。人々が、生活が、流れて、留まり、動いては消えていく。あるいは生まれいく。その断片的なイメージは季節の移り変わりとともに螺旋状に連なり、ノスタルジーやセンチメンタリズムに浸りきるだけでなく、ときに鮮烈で先鋭的なイメージ(reel.6など今観てもカッコ良すぎる)であれまあれまと人間の営みを描ききる。これを見終えたとき、何と言うか私は何かを悟ったような気さえした。ラストは私もとても好きなイメージで然るべく終了し、私はこういうのがやりたかったと思うと同時に、もし私が映像作家を目指していたならば、この作品を観て打ち拉がれたに違いない。

| | Comments (2)

140302_gr_008

140302_gr_012

140302_gr_013

untitled photographs #75

Monday, 03 March 2014
RICOH GR (2013)

ジム・ジャームッシュの初期3作がブルーレイのボックスで出るということだったが、全部DVDで持っているし今さら買い直すこともないだろうとスルーすることを決めていたのに、最近商品パッケージが明らかになったので見てみたらえらい格好良かったのでつい欲しくなって注文。これぞデザインの力。

| | Comments (0)

130823_gr_021_2

   

130823_gr_026

I'd be happy as the world turning around you #33

Friday, 23 August 2013
RICOH GR (2013)

風立ちぬを観てきた。世間では賛否両論の作品のようだが
両目から涙が零れ落ちてしまった映画は私は今回が初めてだ。
これは年々涙もろくなっているので年齢の問題もあると思う。
感動したのは物語の内容だけでなく、アニメーションという
表現手法そのものの素晴らしさに心が震えてしまったから。
隣のかみさんは終わるなり何が良いのかわからないとのたまう。
え?どこで泣いたの?と真顔で驚かれる始末。
こんなかみさんだから私には逆に良いのだとこれは本気で思う。

| | Comments (9)

130608_gr_011

 

130608_gr_020

 

130608_gr_012

I'd be happy as the world turning around you #24

Saturday, 08 June 2013
RICOH GR (2013)

今日は久し振りに映画を観に行った。
去年から楽しみだったポール・トーマス・アンダーソン「ザ・マスター」。
館内には私たちのほかはわずか5名で、ちょっとした貸し切り状態。
皆さん「わかってて」観に来てる方々だろうから心配はしていないが
なかなか普通の人が観たら評価が微妙な映画だろう。
映像は濃密かつコクのある色味で、これを観てたら写真を撮りたくなった。

| | Comments (6)

120817_21_001

RICOH GXR MOUNT A12 / Carl Zeiss C Biogon T* 4.5/21 ZM


120817_21_002

weekend
Jean-Luc Godard (1967)

かみさんが娘を健康診断に連れていった隙に、ようやくゴダールのウイークエンドを観ることができた。
細かい薀蓄も歴史認識も私は持ち合わせていないが、この現代の寓話を楽しむのに膨大な事前知識は不要だろう。
省略と反復、長回しとジャンプカット。よくわからんタイミングで入り込む音楽とタイポグラフィ。
ストーリーは当て所なく展開し、あれよあれよと観るものを映画的陶酔に陥れる。
細切れとなった各シーンのインパクトと一貫した映像美があらゆる刺激と示唆と感動(いや感激か)を与えてくれる。
僕はこの映画を何度でもリピート鑑賞できる。

| | Comments (0)

120603_gx_019

120603_gx_020

background music: A Tribe Called Quest "The Low End Theory"
Verses from the abstract / Vibes and stuff


120603_gx_018

Instrumentals

ゴダールのウイークエンドやフィルム・ソシアリスムのブルーレイを買ったは良いが全然観る暇がない。
とくにウイークエンドは昔予告編を見ただけで衝撃を受けて、以来ずっと観たかった映画なのだが。。
ゴダール映画は予告編がとにかくカッコ良い。タイポグラフィの使い方も巧みで身悶える。

| | Comments (4)

120429_g3_035

120429_g3_020

120429_g3_036

120429_g3_021

Three steps in the right direction #12

最近になって久しぶりに映画を観れるようになった。
アンゲロプロスの霧の中の風景。学生時代以来久しぶりのロスト・ハイウェイ。
昔と今では、同じ映画でもこうも見方がかわるものかと驚いている。
とりあえず当時VHSで観た時より今のブルーレイの方が映画の良さがダイレクトに伝わってくる。

| | Comments (0)

111214_g3_005

blue ray of light | RICOH GR DIGITAL III (not IV) / color**

ゴダールのFILM SOCIALISMEでついに映像ソフトがDVDでなくブルーレイのみの販売というパターンに遭遇。
ブルーレイがどんなに頑張ってもDVDが駆逐されることはないと思っていたが、こんなパターンが増えてくると困る。
ということで、というわけではないが、ついに我が家にもブルーレイ・レコーダーを導入。
これでゴダールの新作も無事観れることとなった。しかしこんな便利なもの、何故今まで買わなかったのだろう。

| | Comments (0)

110122_g3_066

リコーGRD3、フルカラー、クロスプロセス。縦写真はクリックで拡大。

deeper into movies | camera: RICOH GR DIGITAL III
archives: This is our music** [ categories ] / This is our music** [ portfolio ]
my bookshelf (favorites):
http://booklog.jp/users/thisisourmusic

   

   

デイヴィッド・リンチとかポール・トーマス・アンダーソンとか

好きな映画監督は何人かいるが、中には嫌いになれない監督もいる。

たとえばハーモニー・コリン。

Mister Lonelyを観ればわかるとおり、まともな映画を撮ろうと思えば

叙情的でセンチメンタルな世界を恐ろしく美しい映像とともに描くことができる。

本当に良くできた素晴らしい映画で、心に残る名作であった。

でも一方で撮るのは老人がゴミに向かって腰を振る映画だったり。

ジュリアンだって良く考えてみれば本当に気持ちの悪い映画だ。

しかしそこに美しさがあるように見えたのは、彼の才能によるものだ。

たとえば繰り返し挿入される、アイスリンクでスケートを滑る女性のシーン。

あのシーンがあるから、何だかんだで彼を追いかけている。

もう一本、彼の撮る「まともな」映画を観てみたい。

素晴らしい個性と才能を持っているのだから、もっと存分に発揮してほしい。

  

| | Comments (0)

101213_g3_023

夜間スナップ、博多駅周辺、GRD3、クロスプロセス・モード。

   

101213_g3_027

   

   

101213_g3_028   

B is for Bethlehem #03 | camera: RICOH GR DIGITAL III
archives: This is our music** [ categories ] / This is our music** [ portfolio ]
movie: "Limits of Control" directed by Jim Jarmusch (2009)
my bookshelf (favorites): http://booklog.jp/users/thisisourmusic

 

 

やっと映画「リミッツ・オブ・コントロール」を鑑賞。

1シーン1シーンがいちいちカッコよい。

撮影監督クリストファー・ドイルの職人芸もあってか、フィルム感満載の美しい映像。

写真集を観て映画のようだと思うことはあっても、映画を観て写真集のようだと思えることはなかなかない。

でも肝心の映画の中身は、何の予備知識もなく観た人には理解に苦しむわけのわからない映画だろう。

言語、芸術、物質。あらゆる壁を自在に行き来する。

そのために必要なものはイマジネーションである。

そして、僕らが見ている現実なんて、所詮想像の産物でしかない。

反射物の方が現実よりも存在感があるなんて、改めて言われるとドキッとしてしまう。

芸術は想像の反射物。写真もまたしかり。この映画に突きつけられた。

成熟したジャームッシュでしか撮れない、あまりに瑞々しく、示唆に富んだ味わい深い一品。

  

blog ranking: ブログランキングに参加しています。 にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

|

より以前の記事一覧