*travel

170717_gr_005

170717_gr_012

untitled photographs #184

170717_gr_016

170717_gr_018

170717_gr_020

Tuesday, 18 July 2017
RICOH GR II (2015)

もうすぐ後継機が出るかもしれないけど買ってしまった。
いつでもどこでも気軽に撮れるということが素晴らしい。
やっぱりカメラはコンパクトに限る。

| | Comments (4)

160515_x35_003

160515_x35_013

160515_x35_015

160515_x35_017

160515_x35_021

untitled photographs #168

Wednesday, 18 May 2016
Fujinon XF 35mm F2
FUJIFILM X-Pro2

やはり海はいい。何時間でもぼーっとしていられる。泳ぐのは好きではないが。
誰に似たのか娘二人とも水が顔にかかるのを嫌がる。

| | Comments (0)

160504_x35_004

160504_x35_007

160504_x35_010_2

160504_x35_015

untitled photographs #167

Sunday, 08 May 2016
Fujinon XF 35mm F2
FUJIFILM X-Pro2

髪切りに行ったときのシャンプー担当の子からの今日の天気やこの後何処か行くんですかの話しかけに上手く応えられない自分が嫌だ。

| | Comments (0)

160316_21_012_2

160316_21_005

160316_21_011

160316_21_010

160316_21_009

untitled photographs #160

Wednesday, 16 March 2016
Carl Zeiss C Biogon 4.5/21 ZM
FUJIFILM X-Pro2

久しぶりのC Biogon 21mmは、やはり楽しかった。背面液晶で見るとそこまで気にならなかったが、家に帰って大画面で見ると周辺の流れがなかなかにひどい。少し絞ってから撮るべきだった。X-Pro2にくっついている姿があまりにも様になっているので、しばらく外したくない。

| | Comments (0)

150822_ul_001

150822_ul_007

150822_ul_002

untitled photographs #144

Wednesday, 26 August 2015
Voigtlander Ultron 28mm F2
FUJIFILM X-T1

あまり見ることのない写真集を売って、PETER ZUMTHORの作品集を買った。
建築系の本を買うことはなかったが、何故か彼の作品だけは惹かれる。
5冊組だがもったいなくてまだ全部見れない。

 

X−T1のシャッターボタンの半押しの感じが悪くなったので昨日修理に出した。
どうにも心もとない。
   

| | Comments (0)

150821_ul_004

 

150821_ul_003

untitled photographs #143

Sunday, 23 August 2015
Voigtlander Ultron 28mm F2
FUJIFILM X-T1

三度目の阿蘇。風が涼しかった。
娘もテンションが上がりまくりで良かった。

| | Comments (0)

150505_ul_012

150505_ul_014

150505_ul_018

untitled photographs #132

Thursday, 07 May 2015
Voigtlander Ultron 28mm F2
FUJIFILM X-T1

アレルギーの検査結果が出て、とりあえず小麦アレルギーでないことは確認された。とはいえここ最近小麦を避けていたらすこぶる調子がよく、頭の中が霧に覆われたようなぼーっとした感覚やおなかの膨満感など長年の悩みがすっと消え去ったのを実感しているので、いわゆるグルテン過敏症というものに間違いはなさそうだ。せっかくなのでこのままグルテンフリー生活に突入したいのだが、小麦を避ける生活というのは想像以上に困難な道のりである。

| | Comments (2)

141023_gr_004

141022_gr_006

141023_gr_002

141022_gr_014

untitled photographs #106

Sunday, 02 November 2014
RICOH GR (2013)

写真集が増え過ぎて置くところもなくなったので、今度届くやつを最後に買うのを辞めたい。どうせいくら写真集を見たところで自分の撮る写真が上手くなるわけでもないし、結局私の特に好きな写真家の写真集を何冊か持っておけば足りるわけで、実際これまでコレクター魂だけで集めてきたようなところがある。それもこれも全て、後になってプレミア価格が付いてしまう「写真集やデザイン書あるある」が元凶である。

| | Comments (2)

140304_gr_022_2

140304_gr_094

140304_gr_048

bye bye blackbird #11

Saturday, 08 March 2014
RICOH GR (2013)

いい写真を撮る人は確かに存在する。そういう人の写真は何を撮っていても「写真っぽいなぁ」と思えるし、それはフィルムで撮っているからとか関係なく、ただただ「そうなってしまう」類いのものだろう。それをセンスの一言で片付けるのは何かが違うような気もする。翻って自分の写真を顧みるに、その「写真っぽさ」はほとんど感じられない。それっぽいのが撮れるときもあるが、せいぜい数百枚に1枚だ。これまで散々写真を撮ってきたけど、未だに写真のことはよくわからない。何とまあ奥の深い趣味なのでしょうか。

| | Comments (2)

140304_gr_070

140304_gr_043

140304_gr_073

bye bye blackbird #10

Friday, 07 March 2014
RICOH GR (2013)

以前はハイコントラスト至上主義ともいえる、問答無用のハイコントラスト設定で写真を撮っていたが、私も大人になってきたのか、ハイコントラストでの写真に抵抗を覚えるようになってきた。逆に低すぎてもピンと来ないので、何となく真ん中付近で納得しているようなところである。あまりこの辺追求しないのは、MacbookやiPhoneとWindowsPCでは、同じ写真でもコントラストが全然違うからだ。

| | Comments (2)